FC2ブログ

空色野原

空の下 野原にねころんで つぶやく
No 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨
No  348

2018四国歩き遍路4~卯之町を出て峠で一休み

5月1日。卯之町松屋旅館朝食。

1松屋旅館朝食

朝のうつくしい卯之町の町並みの中を出立。

2卯之町 

空気が澄んでいる。

3卯之町2

開明学校入口。

開明学校は、愛媛県西予市に残る、明治時代の学校。その建物はおよそ130年前(1882年/明治15年)に建てられた建造物で、四国で最古の小学校といわれる。開明学校の前身は1869年(明治2年)に左氏珠山の門下生や町民の有志により建てられた私塾・申義堂であった。戦前の教科書と学校経営資料など約6000点を展示している。地元の大工によって建築された擬洋風建築であり、建築史上、教育史上に価値が高い。歴史的価値の高いものとして評価され1997年5月に国の重要文化財に指定された。

20km歩く日なので寄らずに歩を進める。

4開明学校入口 

きれいなギャラリー。

5卯之町ギャラリーー

通学風景。

6卯之町自転車

町にはチロルというパン屋さんがあった。
ちょうど開店時間で、昼のパンを買う。

卯之町チロル全景bg 

さらに行くと立派なお遍路さん休憩所があった。
ありがたいこと。 

7お遍路休憩所

道々風景。

屋根の上にこれは?

8遍路道

ここらにも城跡があるようだ。

9飛鳥城

いい景色。

10飛鳥城看板付近

きれいな花。

11遍路道

またまたこれはなごむ。
こころがこもっている。

12一休み

側道のない、歩行者にはちょっとコワイ  
1220mの鳥坂隧道を抜けると・・

13トンネル 

野原が・・

西予市と大洲市の境、鳥坂峠を抜けた。
トンネルの方を振り返る。
(左端のアスファルトは国道56号

14トンネル後野原

ココは・・眺めが・・

15東屋

いいゾ~~~  

16絶景東屋

なんという開放感   

17昼休憩絶景 

これぞニッポンの山里。
(振り返れば国道だというのに・・  )

18峠の東屋から

ここからは下り。
ここの東屋で景色を眺めながら
卯之町のパン屋で買ったパンでお昼にした。

卯之町パンbg 

至福・・



スポンサーサイト
別窓 | 四国遍路 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
No  345

2018四国歩き遍路3~43番明石寺・松屋旅館

5月1日。続き。
卯之町に着いた。
開明学校にちなんだ「開明」というお酒を作っている元見屋酒店

1卯之町酒蔵1bg

17時閉店で帰りは閉まっているので行っておく。

3酒蔵3bg

二百年の老舗。いい感じ。

元見屋酒店bg

外観は台風で滑り落ちた白壁や老朽化による雨漏りのため
2009年に予算上応急修理でスレート葺きに。

4酒蔵4bg

さて、第四十三番明石寺(みょうせきじ)へ。
マンホールがきれい。開明学校だろうか。

5マンホールbg

明石寺への裏参道。山道。

6明石寺裏参道bg

着いた~ 明石寺。今回の最後の札所。

地元の人から「あげいしさん」と呼ばれているのは、美しい女神が願をかけ深夜に大石を山の上まで運びあげていたという伝説に由来する。この地は乙女に化身した千手観音菩薩がこもった霊地とされて、古来尊崇されてきた。6世紀に欽明天皇の勅願によって、円手院正澄という行者が唐からの渡来仏であった千手観音菩薩像を祀るため、この地に七堂伽藍を建立して開創したのが起源。かつてはこの地方の修験道の中心道場だった。弘仁13年(822)には弘法大師がこの地を訪ねている。荒廃した伽藍を見た大師は、嵯峨天皇(在位809〜23)に奏上して勅命を受け、再興した。その後、鎌倉時代になってから再び荒れ果てた伽藍の修復に当たったのは、源頼朝である。建久5年(1194)、頼朝は命の恩人である池禅尼の菩提を弔って阿弥陀如来像を奉納、山号の現光山を「源光山」に改めた。以来、武士の帰依があつく、室町時代には領主・西園寺家の祈願所として、また江戸時代には宇和島藩主・伊達家の祈願所となり、末寺は70余寺を数えたと伝えられる。

7明石寺bg

本堂。無事にお参り出来て有難うございます。

8明石寺本堂bg

大師堂。南無大師遍照金剛。

9明石寺大師堂bg

夫婦杉。

10明石寺夫婦杉bg

帰りは表参道から。宿へとショートカットすると、途中に明石寺の奥の院跡

白王権現
山門の約200m手前の左側にある鳥居から山に沿って300mほど進む。大きな石がご神体である。『宇和旧記』に「十八、九の娘が、軽々と大石を両腕に抱き歩いていたが、当所まで来たとき夜が明けてしまったので、そのまま置き去ってしまった。その女は観音の化身か龍女か、その石を白王権現と崇め、祠を奉った」とある。

11明石寺奥の院bg

辺りはいいところ。

明石寺奥の院辺りbg

卯之町の町並みに戻ってきた。酒蔵も宿もここにある。

13卯之町風景bg

松屋旅館

15松屋旅館bg

風情ある門。

17松屋旅館門bg

日本の郵便制度を作った前島密や、武士道を記した新渡戸稲造を始め
昭和の首相犬養毅憲政の神様といわれた尾崎行雄などなど
そうそうたる名士が来館している。

16松屋著名客bg

門から玄関までが細い庭になっている。

18松屋庭bg

玄関前から門の方を振り返る。

19松屋旅館アプローチ

中庭。

20松屋中庭bg

階段。右下の引き戸の部屋に泊まった。

21松屋旅館階段

ロビー。障子の向こうがお食事処。

22松屋ロビーbg

お風呂。湯船は奥があり思ったより広い。

23松屋風呂bg

夕食。大変おいしい。
料理屋としても地元で重宝されているようだ。

この松屋旅館の最大の名物は
江戸時代から300年間伝わるぬか床によって作られる漬物と
この南予地方ならではの郷土料理であるひゅうが飯

ひゅうが飯はこの西予市から宇和島などに伝わる南予地方独自の郷土料理で
新鮮な魚であるアジなどを刺身にして、刻んだネギやみかんの皮、
醤油などとともに卵を溶きほぐしてご飯にのせて食べる料理。
(写真の左下端の皿)

24松屋夕食bg

目に嬉しい、細やかなきれいなデザート。

25松屋デザートbg

老舗というのは時に構え気味だが
ここの若女将は気を張らずに済む人で、おかげ様でくつろいだ。
(奥ゆかしく小さく映る若女将)

松屋旅館若女将bg

歩きのつかれもいやされた。合掌。


別窓 | 四国遍路 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
No  344

2018四国歩き遍路2~41番・42番札所

2018年4月30日。
民宿みまでおいしい朝食をいただいて出発。

1民宿みま朝食bg

一本道をてくてく。

2一本道bg

1.6km歩いて今回の最初の札所第四十一番龍光寺到着。

地元の人たちから「三間(みま)のおいなりさん」と呼ばれ親しまれている龍光寺。縁起によると、大同2年(807年)に弘法大師がこの地を訪ねた際に、稲束を背負ったひとりの白髪の老人があらわれ、「われこの地に住み、法教を守護し、諸民を利益せん」と告げて、忽然と姿を消した。大師は、この老翁が五穀大明神の化身であろうと悟り、その明神を勧請して稲荷明神像を彫造、堂宇を建てて安置し、ここを四国総鎮守の霊場に定めた。五穀豊穣の神様・稲荷大明神は、本尊の十一観世音菩薩とともに本堂に祀られている。

3長命水bg

細い参道を車がゆく。左奥に駐車場があるようだ。

4龍光寺参道bg

龍光寺の石段。

4龍光寺石段bg

正面にお宮。なので鳥居。

5龍光寺bg

本堂はこちら。

6龍光寺本堂bg

大師堂。

7龍光寺大師堂bg

振り返ると門前の風景。

8龍光寺門前bg

鐘楼。

9龍光寺梵鐘bg

次なる札所、第四十二番佛木寺までは3.8km。

大同2年(807年)弘法大師がこの地に巡錫した際、牛を引いた老人に出会い、牛に乗るように勧められる。弘法大師は牛に乗ったが、牛は楠の大木の下で急に止まってしまった。上を見ると楠の枝に光る宝珠が引っ掛かっていた。よく見ると、これは唐から帰朝するときに、有縁の地が選ばれるようにと、三鈷とともに東方に向かって投げた宝珠であった。大師は、この地こそ霊地であると感得、堂宇の建立を決心。自ら楠で大日如来像を彫造、眉間に宝珠を埋めて白毫とした。これを本尊として安置し、「佛木寺」と名づけた。御本尊がこの大日如来であることから「大日さん」の名で広く親しまれ、弘法大師が牛に乗ってこられたことから牛や馬の守り本尊として信仰されるようになった。

10佛木寺山門bg

山門と本堂。

11佛木寺bg

ここの御手洗の水中青紅葉の爽やかなこと

13佛木寺御手洗bg

境内。

12佛木寺境内bg

ここの鐘楼の屋根、うつくしい。

14佛木寺梵鐘bg

鐘楼から山門の方を見る。青葉がきれい。

15佛木寺梵鐘2bg

山門を出て、辻で地図を手に迷っているお遍路さんがいた。
この先、峠道になる。昔からの山道のへんろ道の方は崩れて通行止になることもある。
宿の人に舗装路を行った方がいいと言われていたのでそれを伝える。

16お遍路さんbg

歯長峠(はながとうげ)
東国武将足利又太郎忠綱は末代無双の勇士で、源氏の出自ながら故あって平氏側について功名を馳せ、その後、源氏に追われて西国に逃れ、この地に居住した。力は百人力、声は十里四方にも及び、その歯の長さは実に一寸余。又の名が歯長又太郎。ここで庵を結んだことがら、庵寺にも峠にも歯長の名がついた(現在宇和町伊賀上の歯長寺に歯長又太郎の供養五輪があり、歯痛の神ともなっている)。宇和への入り□であり,戦略上の要衝でもあったこの峠は宇和と土佐勢の攻防の舞台であり、幾多の合戦の後、長曽我部軍に攻略されたと伝えられている。

17歯長峠bg

くねくねとずいぶん高く登って来た。山道はさぞきつかろう。
こちらは舗装路だから、たんたんとリズムよくゆっくりマイペースで行けば大丈夫。

18峠の風景bg

細いトンネル抜ける。

19トンネルbg

やれやれだいぶ下って来た。

20川bg

番外札所。導引(道引)大師

愛媛県西予市宇和町下川(ひとうがわ)。難所歯長峠を下り、肱川に突き当たって43番札所明石寺を目指して卯之町方向へ向かうと、道沿いに小さなお堂。導引大師堂。縁起は不明だが、今は願かけすると良い方向へと導いて下さるというようなことらしい。古くは難所、歯長峠を下って力尽きたお遍路さんを懇ろに埋葬し、供養した下川集落。現在も歯長地蔵横などには、行き倒れとなったお遍路さんの墓を集めて供養しているらしいので、亡くなったお遍路さんの供養の為に大師堂を建立したのかもしれないそう。

21番外bg

やっとお昼の食事処、道の駅どんぶり館に着く。

22どんぶり館メニューbg

すでに14時。空きっ腹にとり天丼、しみる

23とり天丼bg



別窓 | 四国遍路 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
| 空色野原 | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。