空色野原

空の下 野原にねころんで つぶやく
No 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨
No  294

大阪駅&尼崎寺町~善通寺

尼崎に越して7年経ったが、大阪駅いまだよく分からず・・・
先日初めてこのスペースがここにアルと気づいてエスカレーターで上ってみた。
ホームが見下ろせる。

大阪駅

大阪駅を覆っている大屋根の眺めがいい。

大阪駅2

そんな大阪駅からJRだと2つ目の駅が尼崎。
知らない人は工場地帯というイメージでもあるかもしれないが
海側の阪神尼崎駅の方には昔立派な尼崎城があった。
尼崎文化財収蔵庫にある模型。

尼崎城bg

築城400年2018年に城の一部の復元工事完成予定

尼崎城下。広い。

尼崎城下

尼崎文化財収蔵庫
市立尼崎高校の前身である尼崎市立高等女学校の校舎として建てられた建物で
城内・育英両中学校が統合して成良中学校だった校舎の1階を活用している。
企画展示も行われ、時々いいものも見れる。
こちらは弁慶。

弁慶bg

収蔵庫から西に歩いて10分もしないところ
高層マンションも望むところに昔ながらの寺町が残る。
善通寺

今から450年くらい前に覚阿上人が創建。もとは時宗四条派大本山金蓮寺末三大寺の一寺としてたびたび法主を出した由緒ある寺院。本堂は宝永3年(1706)の大修理を受けているが、移築当時の様式をそのまま伝えている。本堂前には秦武文の碑が建てられ、境内八角堂には首無地蔵尊がまつられて信仰を集めている。

尼崎寺町

おや?

尼虎

尼虎さん。

尼虎2

おやおや?

尼虎&尼白

尼白さん。

尼白1

警戒中。

尼白2

警戒。警戒。

尼白3

パトロール開始。

尼白4

猫道進行。

尼白5

ほな。

尼白6

ここにはこんな話もあるらしい。
首無地蔵尊

今から三百年前、善通寺にありがたい地蔵さまがまつられていた。ところがある日、心無い者が首から上をとって庄下川に捨ててしまった。それ以後は、首のない地蔵様、「首無地蔵尊」と呼ばれたそう。ある時、尼崎沖で漁師が漁をしていたところ、地蔵さまの御首が偶然網にかかりました。信仰心の厚い彼はその御首を家に持ち帰り、朝夕手を合わせていた。しかしその漁師の夢に毎夜、地蔵さまが現れこうおっしゃった。「善通寺に返してくれ。さすれば首から上の病を治してみせよう。」何度も夢に現れるものだから、いてもたってもいられなくなり、善通寺の学解(がくげ)上人のもとへ相談に行った。その話を聞いた上人は、試しに御首を地蔵さまの胴体に戻してみることにすると、夢のお告げ通り首と胴体がピッタリ一致した。驚いた上人は、この地蔵様が尋常でない事を理解し、広く世の人々の篤志を仰いで地蔵堂を建立し地蔵様をおまつりした。その後、病気・入学・老人ボケなど、首から上に関する願い事で、お参りする人々は絶えなかったという。しかし昭和20年6月1日、太平洋戦争による空襲で御堂が消失してしまった。だがなんと御首から上は、そのまま南を向かれた状態で全く無傷のまま発見されたそう。ちなみに御首から下は粉々に破壊されていたという。この出来事により地蔵様は御首から上だけになった。その後、昭和37年7月、当時の檀家、信者の方々に多数の御協力を得て、ついに現在の八角堂が新しく建立された。お堂内のお厨子には御首が安置されており、厚くおまつりされ今日に至っている。

※現在、地蔵様の御首は一般公開していない。

首無地蔵尊

ここは煉瓦塀も素敵だが、本堂の屋根がナカナカ素敵。北側から。

寄棟造の屋根は途中で段差をつけて葺く錣葺(しころぶき)。簡素な外観に比べ、内部は内陣外陣の天井や小壁に草花や龍・鳳凰などが描かれ、華麗な装飾が施されている。宝永3年(1706)9月に竣工。本尊(ほんぞん)厨子(ずし)が作成された江戸時代後期(18世紀後半頃)に改造が加えられたと推定され、建立当初は現在とは異なった古風で閉鎖的な堂内となっていたとみられる。改変はみられるものの建築年代は明らかであり、市内に現存する唯一の時宗寺院本堂として貴重な遺構。

尼寺町屋根



スポンサーサイト
別窓 | 尼崎通信 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
No  282

武庫川猫&タイガースタクシー

去年の9月から武庫川女子大のオープンカレッジに太極拳を習いに行っている。
武庫大橋を渡って徒歩25分。

散歩にもなるのでいろいろ楽しめる
たとえば武庫川の土手のいつも同じところで出会うなじみの猫氏。
15年11月12日。

151112武庫川猫

15年11月19日。

161119武庫川猫

ひなたぼっこがお好きなようだ。
16年3月3日。これ以降見てないのがちょっとサビシイ・・。

160303武庫川猫

追記:16年10月6日。久々再会 お元気そうでした

161006武庫猫

追々記:10月20日の悠々たる武庫猫氏。
下段には後輩ねこ2名。

むこねこ

武庫川河川敷も通るのだが、そこには別の猫殿のお宅が・・。

武庫川猫さんち

だれかの手作り。肖像画?と「私のかさです」のコメントつき。

武庫川猫さんち2

しばらくして発見おたくのおうちですか?
虎猫さんですがジャイアンツ・・
(ずいぶん長いことあったのだが、カサ邸はザンネンながらつい先日の草刈りで撤去されてしまった・・。)

武庫川猫

こちらは2度ほど目撃。タイガースタクシー

タイガスタクシー

さすがお膝元にはコンビニもアリマス(西宮の甲子園近く)

タイガースコンビニ



別窓 | 尼崎通信 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
No  281

UK WILDCATS CAFE

久々の尼崎通信5月21日の往復15000歩の武庫川散歩。
尼崎をいいと思うのは、この武庫川のポイントも高い

武庫川ベンチ

車で来たら近いところ、わざわざ歩いておなかペコペコで辿り着いたのは・・。

UK WILDCATS CAFE

WILDCATS

UKとはイギリスではなく、Univercity of Kentucky (アメリカケンタッキー大学)の略。
UK CAFEの名前の由来は、オーナーが当時留学していたケンタッキー大学に由来する。1つ1つのメニューにも誕生のストーリーが記され、周りにはまるで博物館のように、ミニカーやプレート、旅の写真や各地のパンフレットといったオーナーのコレクションで店は形成されている。

いわゆるアメリカンダイナー

WILDCATS2

中も見事。

WILDCATS3

タノシイ

WILDCATS4

こんな。

WILDCATS5

ココのウリは内装もさることながら
なんてったってこのアメリカンなボリュームの料理の数々・・。

WILDCATSめし

記録的ハラいっぱい 最大限スキッパラで向かうべし。
しかも美味しかった
ちょっとない店

UK WILDCATS CAFE

別窓 | 尼崎通信 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
No  259

尼崎・武庫川散歩

今年は四国歩き遍路の一部を予定しているので、普段から歩くようにしている。
家から近くの武庫川散歩。

地図にあった雉が坂。探してみると看板が立っていた。

秀吉本能寺の変大返しした時、光秀勢が待ち受けていたところ、らしい。武庫川の対岸(現岡太神社あたり)で農夫がそのことを注進。様子をうかがうとまだ夜明前なのに雉があわただしく飛び立ったのが見えたので異常を感じ、今の西昆陽あたりに進路を変えて背後から攻め勝ったという。農夫の功績を讃えるために探したが見つからず、この付近の雉の捕獲を禁じ土地の人々には田と池(礼田池イヤデン・・坂下の池)を与えた。

秀吉の坂

こんなところにそんな話が・・。歩いてみるものだ。

こちらは阪神武庫川駅の北に素盞嗚(スサノオ)神社。立派

永禄年間の川中島合戦の難を此の辺りに避けた某氏、やがて西新田(大庄西町)に住むこととなった。ある夜、神託があり、「乾(北西)の方に霊威あり、宜しくもって祀れよ。」との事に大いに喜び、早速探したところ、この地方としては不思議な青石があった。これであろうと思い、斎戒して奉祀したのが始まりであるという。

武庫川スサノオ神社

なんとも清々しい。

平成四年に銅板に葺き替えられた際、軽量になったので建物の下部内側に、建築用「H型鋼材」を敷設して建物とボルト締めがされたそうで。おかげで3年後の阪神大震災で全く被害が無く無傷ですんだそう。

武庫川スサノオ神社本殿

実は行ったのは2月。梅が綺麗。 はからずもちょっとした梅の名所。

武庫川スサノオ神社梅

さらに武庫川駅を南へ越すと、駅のそばに楠霊(なんれい)神社

今から約100年程前此の地に洪水があった時この楠に登って難をのがれたとか、この地にあった墓地を移転した後雑木が生い茂り、追はぎが出没し人々から恐れていたが、誰とも知れずこの木に締め縄を張り、小鳥居、厨子などを構えて霊木としたと伝えられている。また昭和11年頃近くに住んでいた酒井秋子氏がこの地を歩いていて霊感に打たれたのがそもそも祠の起源となったと伝えられている。

楠霊神社

大きな楠を祀っている。さすが祀るだけある・・。

楠霊様

空に映える。

楠霊の空

いい樹。

楠霊様全体

裏に回るとこう。

楠霊裏

神社の裏はすぐ武庫川河川敷で、そこにも御神木級のこんな樹が。

武庫川楠

河川敷全景。駅が見えている。

武庫川楠全景

帰りに駅からちょっといったところのチャーチルというパン屋さんで買って帰る。
評判のカレーパンおいしかった。

武庫川パン



別窓 | 尼崎通信 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
No  223

尼崎戎神社

阪神尼崎駅の近く。
戎神社

鳥居のあまりの巨大さに圧倒される。
昭和34年、当時の皇太子殿下(今上天皇)御成婚記念事業として建立された。

戎鳥居1

醍醐天皇時代以前の創建。祭神八重事代主大神、他。菅原道真公が九州の大宰府に赴く途中、尼崎の海辺の神社に立ち並ぶ老松や砂浜の美しさに目を奪われ、船を止めてこの地に上陸した。「ここは殊のほかのよき浦なり」「松は琴中の並びたるが如し」と道真公が賛美した言葉にちなんで尼崎は「琴の浦」と名付けられ、その古名の発祥源は当神社であるといわれている。倉持戎大宮とも「ちぢみさん」ともいう。一般には「尼のえべっさん」の名で親しまれて、十日戎などには、多数の参詣者で賑う。

高層ビルと大鳥居。

戎鳥居2

本殿。

戎神社

どこか竜宮城のような感じを受ける・・・。

戎本殿

面白いのが、月像石(つきいし)

昭和44年7月20日アポロ11号が月面着陸を果たした記念すべき日に和歌山県で発見されたという奇石で、その翌年に当神社に納められた。参拝者の方々がご利益を授かるよう撫でるので、日々、光沢が増してきた。触れると心が落ち着き日々のストレスや疲れが癒されるよう。

月像石

本殿脇の小さなお社には青くて印象的に目を引く狛犬さん?が。

戎青阿吽

尼崎のお土産のうち、ちょっと特徴があるのが尼の生醤油饅頭

明治から大正にかけての尼崎で「醤油」は重要な産物の一つであり、また広く知られた存在だった。当時、尼崎の醤油は「尼の生揚」と呼ばれ、独特のウマ味と高い香気を持つ優れたもの。原料に使うのは、丸大豆、丸小麦、食塩と砂糖。丸大豆には大豆油が多く含まれている。この大豆油が表面に層をなして諸味(もろみ)を密封状態に保つ。そのため、小麦粉が発酵してできたアルコールなどの香りの物質が発散するのを防いでいる。これが味のまろやかさ、香りのよさの秘密。当時とほぼ同じ製法で復元。 「尼の生(なま)醤油」は純粋さにこだわる、無添加・低塩分の正真正銘の健康醤油といえる。

尼醤油饅頭

しっとりして美味しい。

尼醤油饅頭2



別窓 | 尼崎通信 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
| 空色野原 | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。