空色野原

空の下 野原にねころんで つぶやく
No  291

大阪和泉~池上・曽根遺跡

9月3日。
大阪府立弥生文化博物館
展示物がナカナカ見応えのある博物館。

ヒミコ像。

ヒミコ

博物館があるのは、池上・曽根遺跡の一角。

池上・曽根遺跡は、大阪府和泉市池上町と同泉大津市曽根町とにまたがる弥生時代中期の環濠集落遺跡をさす。南北1.5km、東西0.6kmの範囲に広がる池上曽根遺跡は、総面積60万m²に達する大集落遺跡。1976年に国の史跡に指定された。環濠の内側に、掘立柱建物群があり、中央には大型の掘立柱建物がある。花粉などの自然遺物の分析により、アカガシなどの広葉樹の森や、アシ、ススキなどの湿地草原が遺跡周辺に広がっていたと思われる。

曽根遺跡

当時の地形図だと、後方には大阪湾がみえる。
二千年前の大阪湾は、池上曽根遺跡のわずか2km後方にまで迫っていた。


弥生遺跡と大阪湾
(泉大津市HP)

1995年、集落の中心部で見つかった弥生時代中期の大型建物と井戸は、弥生時代のイメージを塗りかえるたいへんな発見となった。大型建物は弥生時代最大級の規模で、26本の柱で構成され、直径60センチメートルもある当時の柱の根元が腐らずに、17本も残されていた。建物の南側にある井戸は、直径2.3メートルのクスノキの大木を刳りぬいて井筒にしており、刳りぬき井戸としてはわが国最大のもの。発掘されたときもこんこんと水が湧き、二千年間、井戸は生き続けていた。建物や井戸の周りには、たくさんの石器や土器を埋めた「祭りの場」がつくられ、その隣では青銅器や鉄器を作っていた当時の工房の跡も見つかった。

曽根遺跡2

池上曽根遺跡の調査のもう一つの大きな成果は、大型建物に残されていたヒノキの柱が紀元前52年に伐切されたものであることがわかり、弥生時代中期の実際の年代が初めて明らかにされたこと。それまで考えられていた年代より百年も古くなり、その後の邪馬台国に続く歴史の流れに、大きな一石を投じた。(和泉市HP)

曽根遺跡3

その、話題の大型建物。

曽根遺跡4

カッコイイ
手前の丸いのが復元された大型井戸。掘り出された本物は博物館に。

曽根遺跡5

高床式の内部。

曽根遺跡6

このあたり、マンホールも弥生っぽい。

マンホール

お昼に隣の北信太駅徒歩15分の
ハシエンダという燻製と石釜ピザの店を目指していったのだが
予約でいっぱいで入れずじまい・・

ハシエンダ

仕方が無いので信太山駅前の“寿”という喫茶に入る。
案外落ち着く。

喫茶寿

変哲もないカレーだが空腹にはごちそう。

寿カレー




別窓 | 古墳・遺跡 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
No  285

五色塚古墳

五色塚古墳
別名千壺古墳。兵庫県神戸市垂水区五色山にある。国の史跡に指定されている。兵庫県では最大規模。古墳名の「五色塚」や「千壺」は江戸時代から見られる呼称で、「五色塚」の由来は明らかでないが、「千壺」の由来は墳丘上の埴輪群によるという。墳形・出土埴輪から4世紀末-5世紀初頭頃の築造と推定される。被葬者は明らかでないが、明石海峡やその周辺を支配した豪族首長と推測される

五色塚16

築造に際して明石海峡対岸の淡路島から多量の石が運ばれたという事実は、『日本書紀神功皇后紀の記事と対応するものとして注目され、これより被葬者の支配領域は淡路島まで及ぶとする説もある。また、当時としてはヤマト王権の大王墓(佐紀古墳群)に匹敵する規模の古墳になるが、一帯は明石海峡を押さえる要衝である一方で巨大古墳を築造できるだけの経済基盤の無い地域であることから、築造に際してはヤマト王権中枢からの強い関与が推測される

ちょっとビックリするくらいの規模
この辺りの名所としてもっと認知されてもいいと思うのだけど・・

五色塚1

すぐ横にある円墳、小壷古墳。小さいながら、キレイ

小壷古墳

入口に着いた

五色塚入口

正面玄関といった風情。

五色塚13

意外に面白いのが受付のある小さな建物の展示室みたいなコーナー。
コレ、縄文人の足跡ですと

縄文人の足跡

ビックリだなア・・・

垂水日向遺跡

土器も、今まで見た中で一番と言っていいほどウツクシイ

土器

出来た当時の想像図。ロマンだ・・

五色塚想像図

ではいざ登ります

五色塚14

おお・・

五色塚2

おおおお

五色塚3

ひゃーーーー

五色塚古墳

ヒャアアア~~

五色塚4

ひええええ~~

五色塚5

後円墳っひろっ

五色塚7

なんちゅう景色

五色塚15

海と反対側。

五色塚9

小壷古墳と明石海峡大橋。

五色塚8

明石海峡大橋っ。

五色塚10

淡路島っ。

五色塚11

山陽電鉄が通る・・

五色塚12

ふうっ・・暑っつい日によけい熱くなった1日でした・・



別窓 | 古墳・遺跡 | コメント:2 | トラックバック:0
∧top | under∨
No  264

大阪・高槻~今城塚・太田茶臼山古墳(継体陵)

仁徳陵履中陵に魅せられてつづいて訪れたのは・・

大阪高槻にある今城塚古墳

今城塚古墳

531年に没した第26代継体天皇真の陵墓と考えられ、古墳時代の大王陵としては唯一、淀川流域に築かれた古墳淀川流域では最大級の前方後円墳。全長190m。昭和30年代前半、ほぼ全域が民有地で、内濠・外濠は水田として利用されていた。高槻市では、古墳の保存を図るため、国や大阪府の支援をうけながら約50年間をかけて、ほぼ全域を公有化した。平成9年からの発掘調査により、文禄5(1596)年の伏見地震による地滑りで、墳丘の盛土の多くが内濠へ滑落したことが判明。石棺の破片が見つかり、かつて後円部の地下に築かれていた横穴式石室も地震によって崩壊・消滅したと考えられている。今城塚という名称は、戦国時代に城砦として利用されたことに由来。陣を築いたのは三好長慶とも、それを攻めた織田信長ともいわれている。

ここは併設されている今城塚古代歴史館も充実していてオススメ

この古墳の魅力は復元屋外展示されているはにわ群

古墳とはにわ

壮観

はにわ群

いいな~

はにわ君

そしてそして、オドロイタのが、古墳の濠の一部に水はなく、原っぱ化していたこと・・。
(昭和30年代は水田として使われていたというのも驚いたが・・)

今は近所の子供たちからしたら、ただの草っぱらとお山。

空堀

古墳の上にも誰でも入れるようになっている

古墳散策路

おお

古墳山道

この辺は前方後円墳の円墳の上あたり。
(つまり、石室があって葬られていた上あたり?)

宮内庁管理だと、御陵のこんなとこに人は立てない・・。
大変珍しいことらしい。
天皇陵と認定されていないことがかえってある意味よかったというかなんというか・・。

古墳頂上

古墳は緑が生い茂り、下草のシャガが綺麗だった。
木立の向こうに埴輪の列が見える。

シャガ

空濠から見上げる円筒はにわの列。

空堀から

今城塚古墳公園は市民の憩いの場となっていて、明るい。
葬られた人も1500年も経てば、こういう風にきちんと歴史館も建てた上で
開放されて人々に愛されたらかえってうれしいんじゃないだろか、と思わせる・・。

今城塚古墳公園

その古墳公園に面して、去年11月に出来たブーランジェリー&カフェのサニーサイド
絶好の立地。

サニーサイド

カレーパン、人気で個数制限されるほど。やっぱ美味い。

サニーサイドパン

腹ごしらえを済ませてさらに歩いて向かったのは・・

現在宮内庁が継体天皇陵としている太田茶臼山古墳
今城塚古墳よりもさらに巨大な全長226mの前方後円墳だが、発掘された埴輪の分析から、5世紀の半ばに築かれたと考えられている。つまり、継体天皇の活躍した6世紀前半よりも、半世紀以上も昔の古墳。そのため、今では学界などで今城塚古墳こそが継体天皇陵という定説となっている。太田茶臼山古墳の被葬者を継体天皇の曽祖父である意富富杼王に比定する説があり、継体天皇本人ではなくてもその関係者を被葬者として推定する見方もある。

太田茶臼山古墳

ここは開放されていないので粛然とした雰囲気。

太田茶臼山古墳正面

その西向こうは・・
地図によると安威川(あいがわ)に向けて低くなっているので眺望はひらけ、
古墳があるのが高台であることが分かる。
*継体天皇陵=藍野陵(日本書記)の「藍」=安威という地名

太田茶臼山古墳付近

こういった地勢を感じられるので、歩いてみるのは面白い。
高槻駅下車、しろあと歴史館経由、約10kmほどの散策でした。


別窓 | 古墳・遺跡 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
No  260

大阪堺・百舌鳥古墳群~仁徳・履中陵

3月20日の春分の日に行ったのは大阪の代表的な古墳のうちのふたつ。

宮内庁が仁徳天皇陵としている大仙(山)古墳。(別名百舌鳥耳原中陵
クフ王ピラミッド、始皇帝陵と並ぶ世界3大墳墓、5世紀中ごろ築造とされ
全長約486mの日本最大の前方後円墳


JR阪和線三国ヶ丘駅下車。
古墳の東側に沿って歩いていくとそのスケールを実感する。 南東の角で1枚。

仁徳陵

正面へと案内するのはニャントク君。ひとなつこい

仁徳猫

正面。立派。

仁徳天皇陵

大仙古墳の南西側に広がる大仙公園

大仙公園1

ひろびろ気持ちいい

大仙公園2

南西の出口から出て道路を渡ると、登れる古墳風展望台のある公園。

古墳公園

そこから見渡せるのは宮内庁のいう履中天皇陵。(別名ミサンザイ古墳
上記大仙古墳、大阪府羽曳野市の応神天皇陵(誉田山古墳)に次いで全国で第3位の規模の巨大古墳。

履中天皇陵

天皇陵の西側に沿って進む。落ち着いた住宅地。
なんだか落ち着く綺麗な古墳。

履中陵

実際に行ってみると
案外私は履中陵(ミサンザイ古墳)の方に魅かれた
モチロン、仁徳陵(大仙古墳)もその大きさには相当圧倒されましたが・・。

堺市博物館で入手した資料の等高線を見ると、
美しいのですね、これが。ミサンザイ古墳。

最近の調査で築造年代はこちらの方が大仙古墳より古いということで、
ひょっとしたらこちらの方が履中天皇のお父上の仁徳天皇陵だったりして・・

発掘調査が許されていないから、このようにほんとはどなたの御陵か分からなかったりするよう・・。

ミサンザイ古墳正面。

履中陵正面

そこからさらにふた駅歩くと鳳駅。約5kmの散策。
駅から近く、線路沿いにかわいいカフェが。
カフェよつばち。ランチもありマス。

カフェよつばち



別窓 | 古墳・遺跡 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
| 空色野原 |