空色野原

空の下 野原にねころんで つぶやく
No  15

山口*長府旅(2)

長府の町は日本武尊(ヤマトタケル)の第二皇子の仲哀天皇や
そのお妃、神功皇后の時代から宮が営まれたような歴史あるところ。

その豊浦宮(とゆらのみや)があったところといわれる忌宮神社。

忌宮神社

目が合っちゃった鳩。ちっとも逃げません。

忌宮神社・鳩

のどが乾いていたみたい。

忌宮神社・鳩2

大きな町ではないわりには、
(1)明治天皇や坂本龍馬も逗留し
(2)さすが毛利家というような館や庭園が残り、
   博物館や美術館もあって、ちょっと文化のかほりもあり
(3)干珠・満珠という神聖な小島を望む美しい海も前面にひろがり
(4)交通の要衝、関門海峡の景色も眺められるという
他にはちょっとない魅力を持つ町です。

町の印象としてこじんまりとしたほどよい大きさ、
そして明るさと落ち着きを感じました。

毛利邸のあたりには古江小路(ふるえしょうじ)という
情緒ある小道もあり気持ちいい。

古江小路

その小道のそばに、こんなお店がありました。

『梵天』
梵天

店内にグレゴリオ聖歌が流れ、
お昼やお茶によい、緑に囲まれた小さなお店なんですが
味、いいです。ギャラリーも併設されています。

温麺 ¥1260 
温麺

雑煮 ¥1260
雑煮

目、耳、舌に豊穣な時間。
しばらくいたらアルファー波全開になりました。
別窓 | 旅*散策 | コメント:2 | トラックバック:0
∧top | under∨
No  14

山口*長府旅(1)

春分の日の連休に山口県に遠征しました。
山口といえば『萩』がわりと思い浮かぶのかもしれませんが、
『長府』ってご存知ですか?わたしは知りませんでした。

干珠・満珠、神功皇后・仲哀天皇、
毛利家、豊臣秀吉、坂本龍馬、明治天皇、乃木希典・・
キーワードです。

満珠・干珠

泊まったところは海の真ん前なので、干珠・満珠、関門海峡が見晴らせます。
といえば位置がおぼろげになるでしょうか?
(写真のふたつの小さな島が干珠・満珠)

新大阪から新幹線で2時間余り。新下関に着いてレンタカー。
長府の町は車で10分ほど。案外近い。

昼時なので予約した『茶屋 祥』へ。
ここは乃木希典の学友で、
のちに長府市立博物館になる建物などを建てた桂弥一さんの旧宅。

桂玄関

少々モダンな入り口からするに自由な精神をお持ちだったのか
玄関を入ると右に馬、左に鹿の剥製。
ご自分を『馬鹿』に謙遜されての遊び心ある演出だったそうです。
ちょうど雛人形が。

『馬鹿』

ここは春と秋に30食限定の季節の御膳が出されますが、予約した方が無難。
家庭的料理と何かで目にしていましたが、いえいえ。
とてもていねいなお味の驚きの満足感でした。
しかも湯豆腐と煮魚、茶碗蒸しに小鉢9品とお吸い物、食後の珈琲までついて¥1050。
それ以外の季節は京めんや抹茶づけなどが食べられるようです。

祥御膳1

祥御膳2

古い日本家屋には着物のリサイクルや古伊万里、掘りたての筍や卵なども置かれていて、食事を待つ間も楽しめます。

祥

このあたりは散策するにもなかなかいいところで
ここで暮らすのもいいだろうなと思わせる、浅い春の1日でした。

長府町並み
別窓 | 旅*散策 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
No  13

銀河鉄道の夜

うちから電車で5駅目にある大阪市立科学館。
ここのプラネタリウムの全天周映像がお気に入り。
今やっている『銀河鉄道の夜』はCGがスゴイ。

南十字星
サザンクロス

アーティストKAGAYA制作で、この大画面でド迫力。
3Dもいいケド、わたしはこの全天周映像の臨場感の方がさらに好きかな。
ここはひろびろで、シートも快適。
¥600でけっこうなゼイタクです。

さそりの火
さそりの火

白鳥
白鳥

ちょっとだけですが映像もぜひ!
銀河鉄道の夜 CM
上のが見れない方はこちら
http://www.gingatetudounoyoru.com/allsky/mov_b.html

全国のプラネタリウムで上映しているようですね。
『銀河鉄道の夜』ホームページ
KAGAYA 銀河鉄道の夜
別窓 | cinema | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
No  11

大きなココアクッキー

きのうはつれが大きなココアクッキーを作ってくれました。

akiクッキーアップ

アーモンドやクコの実が入って食べごたえあり。

akiクッキー断面

なにより、大きさの満足感ありあり。

あと、どこかで食べたようで食べたことない食感。

砂糖でなくはちみつが入っているので
風味もちょっと違うよーな?

ナカナカでした。
別窓 | food | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
No  10

阿弥陀経絵本

とにかく色がきれい。
色の印象で手にとりました。

あみだ絵本1

中身は阿弥陀経。
それに絵をつけた絵本。

あみだ絵本3

それはともかく
ただながめているだけでもキモチイイ。

あみだ絵本2

むつかしいことよりも
つたわるものがある。

あみだ絵本4

なむあみだぶなむあみだぶ。

あみだ絵本5

別窓 | book | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
| 空色野原 | NEXT