空色野原

空の下 野原にねころんで つぶやく
No 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨
No  23

門戸厄神(もんどやくじん)

先週末、結婚1周年にどこかへ行こうともくろんでいたのですが
前日が連れ合いの東京出張だったので近場に。
ならばと毎日目にしていながらまだ行っていない
六甲山に行くことにしていたら雨!

せっかく高いところへ行くならスカッと晴れた日がいいのでそれはおあずけ。
そこで候補にあがったのが『門戸厄神』でした。
ここなら30分もあれば行けちゃう。

門戸厄神の特徴的な“中楼門”。
門戸厄神

『門戸厄神』との出会いは“地図”でした。
なにしろ地図が好きな私は、地図さえ与えておけば1時間はかるくつぶせます。
そうしていつものようにつらつらと眺めておって目についた文字。
『門戸厄神』。
「何これ?」
寺の案内本をひもとくとこうでした。

ご本尊の薬師如来よりも有名なのが『厄神明王』。

厄神明王
↑これは高野山秘蔵の国宝の厄神明王=両頭愛染明王(部分)。鎌倉後期。
 門戸厄神の厄神明王は霊威のある秘仏で写真撮影や模写は許されていない。
 東光寺縁起より。

829年、嵯峨天皇が41歳のとき、弘法大師の導きで自ら厄除祈願をされた際、
愛染明王と不動明王が融合一体化して
虚空の獅子座から諸々の災厄を打ち払う様を、夢うつつに感得されました。

弘法大師にこのことを伝えると
大師は自らのみをとり和合一体両頭の三体の明王像を刻まれました。
天皇はその尊像にいたく感動され
3年間宮中にて天下泰平・衆生息災の祈願ののち
一体を天下泰平のため高野山のふもとの天野天神へ
一体を京都守護のかために石清水八幡宮へ
残る一体を庶民の守護のため、ここ摂津(兵庫)の門戸の東光寺へ。

ここが本格的に庶民の信仰を集めることとなったのは
1578年荒木村重の乱のとき。
織田信長に火をはなたれて境内全て、残らず焼き尽くされたのですが
厄神明王のみが灰の中に厳然と立っておられたといいます。

大師が彫った三体のうち時の流れに他の二体は失われ
現存するのはここのみ、ということでも希少なことで。

弘法大師にゆかりがあるゆえか境内にはこんなものも。

延命魂(根)
延命魂
高野山奥の院、弘法大師御廟近くの山道にそびえ立っていた樹齢800年の老杉。
お大師様を守護していたのが台風で倒れ、3年前に高野山より賜ったそうな。

また、地元の学校の卒業制作のナカナカな版画もかかっていました。

門戸厄神版画

ガイドブックに載るような観光地ではありませんが
地元では大事にされている名所のひとつです。

あまり門前の風情はないですが南門の坂を下るとこんな名物もあり。
まんじゅうにしては存外美味しく、
白砂糖の甘物はなるたけ買わないようにしているにしても
土産としては平均点をぐぐっと上回りました。

厄除饅頭

門戸厄神ホームページ
スポンサーサイト
別窓 | 神社*仏閣 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
No  22

尼崎つれづれ草

以前ご紹介した近所のWizというスーバーで
3鉢¥100のミニトマトの苗を見つけました。

ミニトマト

しげしげと眺めていたら、全然知らない買い物帰りのおっちゃんが
「おはようございます!おねえさん。」
これまた知らない買い物客のおばちゃんも
「3つで¥100?安いねえ、いいねえ。」
思わず
「そうですねえ。」
気をよくして買ってしまいました。


今日はたまたま話しかけられたけど、ここ尼崎ではよく
ひとりでしゃべりながら歩いているひとを見かけます。

東京なんかだとそれはちょっとコワイひとかもしれませんが
ここのつぶやきは別にヘンなのではなくて、
なんつうか思ってることが自然とポロッとこぼれ落ちちゃってるような
そんなある意味、オープンさを感じます。

あと、尼崎の意外だった点とは
こんなに家々がぎっしり緑が少ないのに、自然を感じることです。
去年越して来たばかりの頃は
そばの小さな水田からカエルの大合唱が聞こえたし。
(今年も大合唱

尼水田

買い物に行く道すがら
近くの武庫川から鷺が飛んで来て
道端の側溝に立ってるのをすぐ間近に見たり
(千葉の田舎でもそんなそばでは見れなかった。)

鷺

はたまた裏の側溝ではなんと!白いお蛇さまをお見かけしました。

白蛇様

白蛇様といえばかみさまのお使いさんではないですか。
ありがたや。ありがたや。
お蛇さんがいらっしゃるなんて、尼は捨てたもんではないです。
鎮守さんを大事にしている土地柄に、かみさんもお応えくださるんでは。

一見ドブかと思いきや、小魚も泳いでいるし。
もう少し広くなったところでは大きな鯉が群れています。

目を上げれば六甲のお山。
そろそろ尼崎に来て1年になります。
別窓 | 尼崎通信 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
No  21

尼崎さんぽ*旧中国街道

体力作りも兼ねて、片道30分くらいの距離なら歩いたりして。
こないだの週末はつれと尼崎の旧中国街道を感じに行ってみました。

中国街道

↑コレ、ほんっのごく一角ですんで。
こんなところは今はほとんどないです。

そばには子安地蔵尊がまつられており
信仰現役。ごく最近かけられた願い事を書いたよだれかけ、など有り。
花も手向けられ、こじんまりとしていながら大事にされている感のある、
好感の持てるところです。

子安地蔵尊

さて、このまたすぐ近くには琴浦神社という神社があり、
面白いのは光源氏のモデル?ともいわれている
源融(みなもとのとおる)が祭神です。

琴浦神社

嵯峨天皇の皇子。
京都六条河原院の邸宅に、陸奥の塩釜の風景を模して庭園を作り、
毎日ここから三十石の潮水を運ばせて塩を焼かせた、とか。
だいぶ埋め立てられて海から遠ざかりましたが、
ここはその頃は海岸線だったようで
海岸の景色が他所よりすぐれていたので異浦(ことうら)と呼ばれた、
ともいわれているとか。

どんな街にも必ず歴史があって
わくわくです。
別窓 | 尼崎通信 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
No  20

牛まるバーガー

ウチのご近所です。
去年かな?開店。
ナカナカがんばってマス。

牛まる

けっこうお客さん、来てますね。

牛まるお客

ト、イウのも、こだわりのウマサ。
こちらは黒まるバーガー。¥600。今だけ¥450。

黒まる

お肉は黒毛和牛100%だそうで、それなりに美味しいですが
軽めモッチリのベーグルがかったふんわりバンズがなにしろウマイ!
けっこうコレひとつでも腹モチがよい。
お肉の連れ合いに、玉葱だけ、というこだわりが正解。グーです。
ハンバーガーへの愛を感じます。

牛まるチキン

元々牛肉はあまり食べないタチで、ここは例外的につい食べてしまったのですが
牛を食べない人はチキン↑もあり。
なるほどこちらはキャベツです。
こちらのパンも中身との相性がよく考えられています。¥380。

できるなら肉食を減らしたいと思って普段は魚が多いのですが
こういう作り手の愛を感じる店に出会うと無条件降伏なトコロが。

建物も元は何屋だったのか、リフォームしてる手作り感が好感を持ちます。
地道にファンを増やしていってほしいですね。

尼崎。橘通り沿い。お近くの方はぜひどうぞ!

ホームページめっけ!
牛まるバーガーHP

ザンネンながら、2011年、牛丸バーガーは閉店しました。
別窓 | 尼崎通信 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
No  19

ねこ*タクシー

テレビのシリーズ観てました。
みこがみべー

どこかのほほ~んとくすぐるのは
この主人公(?)の御子神さんのキャラクターによるものが大きいでしょうか。
アニマル物は多いでしょうが
この御子神さんは、名前からしてへんてこですが
みょう~にとしよりくさいねこです。
ねてばっか。
大物。

ねこタクシー

にんげんの主人公のなさけな~い感じがまたくすぐります。
カンニング竹山。好演。
うまく世の中を渡っていけないさえない中年男と
御子神さんとの出会い・・御子神さんは招き猫となるか?

御子神のおしえ

タクシーというだけでドラマを予感させますが
そこにこの御子神さんですから・・。

ねこタクシー客

↓絵になるふたり。

ねこタクふたり

特筆すべきは奥さん役の鶴田真由の“平凡さ”も。
美人がフツーに見える、というのは感心。
キャスティングの妙?

映画にもなりました。6月12日(土)公開です。乞うご期待!

御子神バック

ねこタクシーオフィシャルサイト


別窓 | cinema | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
| 空色野原 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。