空色野原

空の下 野原にねころんで つぶやく
No 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨
No  43

夙川さんぽ

前から気になっていた越木岩(こしきいわ)神社に行って来た。
阪急苦楽園駅から徒歩20分?くらい。
坂を上るので通常のペースより時間がかかる。

本殿は蛭子神(えびす様)が祭神だが、
ここがそもそも聖地であるそのいわれの巨石は
イチキシマヒメ(水神)を祀っているらしい。
(写真ではその巨大さがわかりにくいですが)

越木岩

歩くとわかるが、道路の排水溝を滔々と水が勢い良く流れていて
その水音の高さ、水量の豊かさにオドロク。
上方に水の神が祀られるのもうなずけるよう。

この岩には大阪城の石垣に使おうと切り出そうとして白煙がのぼり
人夫が死んでしまいとりやめた、との逸話が残っている。

社務所に椿の柄のお守りがあるのに気がついて聞いてみた。
どんないわれが?
「ここは関西一の自生椿があるところで保護樹林になってます。」
で、椿はどこに?
例えばあれですと言われた木は丈が高くて
言われなければ椿と気づかなかった。

越木岩神社HP

帰りは一駅歩くことにする。
ちょうど夙川公園というのが路線に並行して夙川駅まで続いていた。
水はちょっとあぶくが浮いていたが、鴨もいる。
ここは桜の名所で、時期になるとにぎやかそう。

夙川

また別の日に夙川駅から徒歩6分のコブレンツ雲井に写真展を見に行く。
終戦直後に夙川で暮らした米国人女性ベティ・オハラの写真展が催されている。
(24日まで)

ベティ・オハラ

予想通りよかった。
懐かしい日本の庶民の暮らし。
八百屋、魚屋、晴れ着を着た子供、家族で農作業、母子、兄弟・・。
ギャラリーも個人が建てたにしては立派でこれもある意味見応えが。

コブレンツ雲井

夙川駅の構内には成城石井が入ってたりと
駅周辺にもちらほら洒落たお店が。

駅の北側すぐにブランジェリーミヤナガというパン屋。
前を通るとにおいがまず違うのだが、
ここはどうも職人気質の若い人が力を入れてやっている店のよう。
ちょっとないナカナカ気概のあるパンとお見受け。
(写真ではわかりづらいでしょうが、この食事パンは生地もしっかり)
おすすめです。

ミヤナガ

ブランジェリーミヤナガ
スポンサーサイト
別窓 | 旅*散策 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
No  41

近隣つれづれ。

秋ですねぇ。
9月14日には稲が刈られた尼の田んぼです。
尼崎のことはみなよく尼、といいいます。

尼稲刈り

歩いてるとカラスみたいによく白鷺さんなんかに出会います。
尼ええとこや。
 
尼白鷺

10月2日にはアルビレックス新潟大ファンの友達に誘われ
夫婦で大阪長居の金鳥スタジアムへ。
彼女は応援するため新潟へ引っ越したくらいの強者。
わたしは生サッカー初観戦

試合までたっぷり時間が。
お昼は評判の手打ち讃岐うどん『釜ひろ』(鶴が丘駅すぐ)
竹玉天ぶっかけうどん¥700。
半熟玉子の天ぷらはもちろんですが、竹輪天が旨かった~

竹玉天

大きな長居スタジアムの隣に
もうちょっとフランクな規模の金鳥スタジアムがあります。
長居スタジアムの広場にはなにやらアートが。

Nスタ石柱

ナニナニ?
石柱に刻んである文字は
『こころよりからだへ 
 からだわがいとしきものよあひともにこのおもきつちけりてかなたへ』

『からだよりこころへ 
 こころわがたのもしきものたづさへてはしりたたへむこのつちをこそ』


へ~え。オモシロイ。

試合はまずセレッソが1点入れましたが
その後不調だったアルビが1点ゴールを決め、追いついて大盛り上がり
その後また1点入れられて負けちゃいましたが
まさかのゴールにコーフンしました。
別窓 | つれづれ | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
No  42

伊丹・三面大黒天

つれの川辺西国三十三観音札所の調査のお供で行ってきました。
西国三十三観音のミニチュア版。
摂津国川辺郡とは現在の宝塚・伊丹・尼崎・猪名川町。
伊丹の発音寺(ほつおんじ)は出色でした。

発音寺

門が閉まっているのでピンポーンすると住職さん?がいらっしゃって
本堂に上げてくれました。

知らずに行ったのですが、ここの仏像群はスゴイ。
ココ独特の向かって左に毘沙門天、右に弁財天が合体したという
デッカイ江戸時代の三面大黒天はモチロン(写真『かるな』冬号より)

伊丹大黒

奈良の唐招提寺から迎えたと伝わる十一面観音(伊丹市HPより)

十一面観音

ともに伊丹市有形文化財らしい。

また奥にひっそりとある阿弥陀三尊壁像?とでもいったものは
有名じゃないみたいですが
今まで見た阿弥陀如来様の中でも三指に入るくらいのウツクシサ。

小さなお寺なのにこの充実ぶりといったら、
京都・奈良にもひけをとらないのではと思わせるものでした。

近隣でご存知でなかった方は行かなきゃとってももったいない。
その際はピンポンされてお参りを。写真撮影は出来ません。

驚いたのは、今は立派に復興された発音寺も
平成7年の阪神大震災では被害甚大で
大黒天もこの有様だったそう。(伊丹市HPより)
京都において復元補修が施されたそうです。

伊丹大黒震災

檀家さん、信徒さんの献身的協力によりここまで。
伊丹のお寺は新しいお堂が多いと思ったら、軒並み崩れたようです。
被害はけっこう大きかったんですね・・。
別窓 | 神社*仏閣 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
| 空色野原 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。