空色野原

空の下 野原にねころんで つぶやく
No  70

緑の宅急便

またまたワッショイ緑の宅急便がやってきました。
四国のおじさんからの野菜便。無農薬がうれしい。

緑急便1

デカイ~。この柑橘系といい、しいたけといい。
ネギもわけぎもリッパ

切るとこんな感じ。はっさくorグレープフルーツっぽい。

柑橘

柑橘系はほかにもいろんな種類が箱にいっぱい
ほうれん草、水菜などの菜っ葉類もたっくさん。
なべにしてみました。水菜、シャッキシャキでウマイなあ~

野菜鍋

毎日キャベツを1/4個食べるDANNAにうれしいキャベツも。
お好み焼きもどきを作ってみる。

レタスもあったのでレタスたっぷりのオープンサンドもやりました。

レタスサンド

ゴージャス。ウチではこういうのをゴージャスと呼びたい。

やっぱり食べることってコーフク。トクに野菜はイチバン。


別窓 | つれづれ | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
No  69

古武術介護

先日、近くで2時間の講座があったので行ってきました。

『古武術介護』

古武術介護

以前ホスピスでボランティアをした時に
起こすことがむつかしい方がたくさんおられました。

どうしたら事故なく、介助される側も楽で
介助する方の故障もなくサポートできるのか
きっとコツがあるだろうと思っていました。

理学療法士であり介護福祉士である岡田慎一郎氏。
武術研究家の甲野善紀氏や
スポーツ界、ダンス界などなどたくさんの出会いから生まれた独自の介護法。

古武術介護1

からだをいかに全部使って、一部分だけ、力だけに頼らないか。
実際に受けてみるとやはり安心感があり、安全であろうと思えます。

介護、という字には護るという字が入っていますが
手先、腕先だけでなく“全部”で介助する様子がまさに介護。

古武術介護2

理にかなった、合理的な術(すべ)がまとめられていて
ただ介護法というにとどまらず
普段のからだの使い方にも一考(一行)をうながすもので
奥深いな~と感心します。

古武術的な発想では、筋力をつけるのではなく
「もともとあったのに気づかなかったチカラ」
有効活用することをめざすそう。

古武術介護3

介護する側のからだの負担をなんとかしたい方は
たいへんよいヒントになるのではないでしょうか?

岡田さんの言葉
●気合いや根性はいりません
●「1%の改善」が大きな違いになる
●私ならできるはず、というプライドが事故を起こす
●足場を固めずに常に動かし続ける


別窓 | book | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
| 空色野原 |