空色野原

空の下 野原にねころんで つぶやく
No  78

ヘルシンキベーカリー

行ったのはだいぶ前になりますが
小林聡美で思い出しました。
小林聡美の『プール』系の映画の最初は
かもめ食堂』だったように思いますが
もともと好きだった北欧があれでさらに身近になったような。

で、近所の西宮ガーデンズというところに
北欧レストラン『ヘルシンキベーカリー』を見つけました。

ヘルシンキサラダ

オードブルランチ。ドリンク付き¥1260

ヘルシンキグラタン

グラタンランチ。添えてあるパンがまたウマイ。

特徴的だったのはシナモンキューブ。見た目北欧っぽくカワイイ。
四角いパンみたいのに甘いシナモン風味のものがかかっている。

シナモンキューブ

北欧は外国では一度行ってみたいところ。
北欧デザインのなんともたのしい心地よさ、も前から気になってます。

ヘルシンキベーカリー


別窓 | food | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
No  77

理由なんて、愛ひとつで十分だ

『プール』
たとえばわけもなくいきることが重たいときに。
フト、息を吹き返すことができるかもしれない映画。カナ?

プール

なんの大きなドラマもありません。
そういう刺激を期待すれば心地よく裏切られます。
なのに、エンディングのうた、『タイヨウ』を耳にする頃
カイフクの涙をウッカリ落とす、カモ。

プール鍋

足りないくらいの最低限のセリフ。
ダケド
ほんとはそうじゃないでしょうか。
フツウのくらしって。

プール空

一見浮き世ばなれしているような
タイのゲストハウスの6日間ですが
見ているジブンもそこにちゃんとトリップし
ちゃんとここへ帰って来れる求心力と回復力があるのは
ホントにフシギ。

タイ・チェンマイのロケーションの力も少なからずあり?

プール犬

小林聡美の“京子さん”がなにげなく『タイヨウ』うたいます。
いいシーン。

ボーナス特典。
小林聡美作詞作曲の『君の好きな花』も劇中歌としてアリ。

京子さん。好きなことのために娘を日本に残してきた。
ダケド、娘にごめんなさいなんていいわけはいいません。
いわないケド、
まゆつりあげるでもなくジブンをしんじるいさぎよさと
娘のかなしみへのさりげないいたわりは
娘の財産になっていくだろうな。

プールギター

ひとりひとりがちょっとずつおもたいものを抱えていますが
抱えたまま、どこかかろやかに終わる。
(というかはじまる。いっしょに始まれる。)

出しゃばらないいい案配。だから、カイフクするのカナ。

プール

別窓 | cinema | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
No  76

武内宿禰の塚 in 尼崎

きのうウチから徒歩25分くらいの琴浦神社まで行った帰り
車で通るたびに気になっていた『菜切塚』のところを通りました。

菜切塚1

掲げられた看板をよく読んでみると

菜切塚伝承

武内宿禰の墳墓、とあります。

近くの浜田町2丁目の浄専寺の武内家に伝わる伝承だとか。
宿禰は職を退いた後、浄専寺のあたりに暮らし
亡くなるとここ(菜切塚)に埋葬された、そう。
崇徳上皇や後醍醐天皇がここに寄ったという記述もあるよう。
明治時代には宮内省の調査があったようです。

この浄専寺の武内家からは宿禰から数えてちょうど70代目に
土井正治さんという方が出ていて住友化学工業の中興の祖だそうで。

≪武内宿禰≫(たけのうちのすくね)
大和朝廷初期(景行・成務・仲哀・応神・仁徳の5代天皇の時期)国政を補佐したとされる伝説的人物。(これだと300歳くらい生きねばならないので5代くらい武内宿禰という名で継いだのでしょうか?まあ、伝説、ですしね。)紀・巨勢・平群・葛城・蘇我氏などの中央諸豪族の祖とされるが詳細は不明。

第12代景行天皇の時に北陸・東国を視察して、蝦夷の征討を進言した。成務天皇3年に大臣となる。神功皇后の朝鮮出兵を決定づけ、忍熊皇子らの反乱鎮圧にも功があった。とかとか。


神功皇后と一緒に描かれているものは多いようです。
右が神功皇后。左にその子、応神天皇を抱く武内宿禰。

宿禰彫刻
(千葉県八千代市吉橋八幡神社)

写真を撮ろうとしたら、通りすがりの宿禰猫さんににらまれました。

宿禰猫

今はのどかな菜切山緑地。
ここの話はあまり有名じゃありませんが、真相はいかに?

菜切塚2


別窓 | 尼崎通信 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
No  75

NEMBUTSU GOSPEL

法然上人二十五霊場の第二十一番、京都大原の勝林院では
お経が音楽的にもうつくしい声明(しょうみょう)として
昇華されていて有名ですが
(本堂ではスイッチを押すと声明が流れるようにしてあって
誰でもさわりが聞けます)


浄土宗和田寺ではNEMBUTSU GOSPEL(念仏ゴスペル)として
こんなCDを出していて、収益は全額東日本大震災の支援に使うそうです。
支援レポートの一部はこちら

念仏ゴスペル

たしかに出だしなんかはゴスペルのよう。
よろしかったら、ご支援のひとつの方法として。
試聴はこちら


別窓 | nam-amita-yusu | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
No  74

人天満月輪

ついに法然上人二十五霊場の満願(全霊場踏破)です。
09年の入籍後からコツコツふたりで巡ってきました。
京都が13カ所で半分を占めますが
あと、兵庫、岡山、大阪、奈良、高松、和歌山、伊勢にあります。

きのう最後にとっておいたのは京都清滝の山中にある月輪寺(つきのわでら)

空也滝口
ここは空也滝口(空也滝への入口ですが滝はまだ先)。

空也滝の近く(嵯峨の奥)ですが、
月輪寺までの登りはこの写真よりもっと急な山道。
案内には登山(1時間)とされています。

ここの登り口までの2kmは一応舗装されていて
4台ほどは止められるという月輪寺の駐車場はありますが
ガードレールもない崖沿いの細い道で軽自動車1台がやっと。対向車が来たらアウト。
住職さんは清滝川にかかる橋の前の広い有料駐車場に止めて(WCも有)
空也滝口までは歩き(割と平坦な30分)をおすすめしていました。


10年以上前に循環器系を壊したわたしにはここでもエベレスト。
人が1時間なら2時間はかかると覚悟していました。
一歩一歩。休み休み。急がない急がない。歩幅1/3。
遠い高みは望まず、目の前の一歩だけを見る。
すると絶望は和らぎ、いつかは辿り着く。
ジンセーのような山登り。
なんとか有料駐車場から1時間30分かかる道のりを2時間で到着。

月輪寺遠望

こうですもん。登ってきました。
向こうに遥か見えるは桂川?京都、嵯峨・嵐山?

月輪寺境内

こじんまりした境内です。右に本堂。前が祖師堂。
祖師堂の前の白い柵の桜は、しぐれ桜といって親鸞上人お手植えといわれ
法然上人、円澄上人(九条兼実)との別れを惜しみ涙を流す桜、という。
(実際葉先から水滴が垂れるらしい。看板にその写真有り。)

<由来>
702年、泰澄上人開山。
781年、光仁天皇の命により慶俊上人が中興した国家鎮護の霊場。
    この時、地中から『人天満月輪』とある宝鏡を得て寺の名とする。
 
その後、空也上人もここで修行し、念仏を悟った地。

(有名なのは六波羅蜜寺ですが、ここの空也上人の木像も国の重要文化財。拝観¥500)

1207年、法然上人と親鸞上人が法難によって京都より配流される際、
     ここに隠栖されていた九条兼実(円澄)との別れを惜しんだ。


この際、法然、親鸞、円澄の三祖師おのおの木像を刻んで形見としたといわれ
それが祖師堂に祀られている。

また、明智光秀が本能寺の変を起こす際
この月輪寺のある愛宕山で心を決めたらしい。
その時のお手植えと伝わる石楠花は
そんないわれを知らなくとも感嘆する見事な大木。(ちょうど満開。)

石楠花

山を降りて遅いお昼は嵯峨「ちくりん」の冷やし梅おろしそば。¥900
ここは豆腐料理や京おばんざい定食¥2000なんかもおいしそうでした。
清滝から嵯峨への県道137号沿い。

梅おろしそば

二十五霊場を巡り出してから
いつかは登らねばならぬと心の隅にあった難所でした。
大きく肩の荷をおろしたゴールデンウィークとなりました。


別窓 | nam-amita-yusu | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
| 空色野原 |