空色野原

空の下 野原にねころんで つぶやく
No 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨
No  96

フライパンパン

2012年12月23日はマヤの暦の終わる日だという説があって
じんるいのおわりか、いやいやはじまりだ、とかとか諸説。
2011年10月28日
いや、ほんとはこの日がマヤの暦が終わる日だ、という一説があった日で
ナニが起こるのかというむきもありましたが

ナニが起こってもパンを焼こうというのは
我ながらいいプランだと思い

はじめてパンを焼きました。

パン

しかもフライパンで。

パン種を10分こねるのはチョット腰にキタ。
そのあと40分発酵。10分おいてさらに40分2次発酵。
で、弱火で35分。うらっかえして5分。

パン2

およ意外にしっとり。ハマル。
何もつけなくてもウマイ
自分で作るならいろんな具も入れられるなア~。
入ってるものも小麦粉、イースト菌、バター、卵、きび砂糖、塩と明快。
家人にも好評

パンも焼けるのが売りの少し厚めのフライパンですが
オーブン使わないとこもシンプルでええなあ
また作ろ。

そのあと武庫川まで歩いて(六甲山

武庫川

じんるいの最後の日か、はたまたはじまりの日か・・
もしくはありがたくも“何事もなかったかのような日”の沈みゆく太陽を

夕陽

見送りました。

スポンサーサイト
別窓 | food | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
No  95

北総さんぽ

千葉に戻っている間に近くの佐倉に行く機会がありました。

佐倉城趾。彼岸花。

彼岸花

姥ヶ池畔。久しぶりに行くと、こんなによかったかなあ。

姥ヶ池端

そういえば千葉にいる時は佐倉に住みたいと思っていたっけ。
3軒並んだ武家屋敷。その1軒から隣を望む。

武家屋敷

千葉は総武線沿線か房総のイメージしかない人も多いかもしれませんが
北総のあたり、なかなかどうしていいところ。

こちらは印西市船尾交差点近くの宮崎邸。築230年を美しく改装。

宮崎邸

お昼やお茶がいただけマス。陶芸展もやっていました。

宮崎邸ところてん



別窓 | 旅*散策 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
No  94

木を植えた男

ズイブンごぶさたいたしました。
父の入院で千葉の方へずっと帰っていました。
おかげさまで退院し、きのう尼崎へ帰還。

向こうでネットカフェで更新できるかと思いきやどうも出来ず。
携帯で更新しようかと挑戦するも写真がなぜか載せられず。
ブログ画面右側で「木を育てて」いるのですが
全然投稿しないとこんな風にしおれて枯れそうになります。
(そう。この木は投稿に反応して育ってゆくのです。大人の樹に育ったら実際に植樹されます)
興味のある方は画面右側のこのグリムスをクリックすると説明が出てきます。


グリムス

さて、「木を植える」といえば『木を植えた男』
これは何年も前にたまたま目にしてタイソウ感動したアニメーションです。
モウ終わってしまいましたが、
東京都現代美術館でその作者のフレデリック・バック展をやっていました。

バック

~荒廃した大地に一粒一粒どんぐりを植え続け、広大な森を作った男の話~

原作も素晴らしいけれど
その原作に感動して作られたバックの手作りのアニメーションは
宮崎駿さんも賞賛の珠玉の作品。
わたしは宮崎さんの作品も好きですが
これは小品ですがそれを上回る傑作だと思います。
アニメーションという枠を超えた、アート。
内容といい、表現といい。

木を植えた男

フレデリック・バックはアニメーションだけでなく
たくさんの絵画・スケッチがまた、それだけで素晴らしい
というのも大収穫
こちらで紹介されています。
フレデリック・バック展

東京は終わったけれど、来年の3月~5月には札幌であるそう。

現代美術館のカフェ・ハイでお昼。

フォー

キッチュなお皿で出て来るのはフォー(米麺)。

ランチ

などなどエスニック。

ビタミルク

ちょっと面白かったのはビタミルク。



別窓 | art | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
| 空色野原 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。