空色野原

空の下 野原にねころんで つぶやく
No 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨
No  115

あなどれぬ大阪城

実は尼崎に来てもうすぐ3年になろうかというのに
すぐ行ける近さの大阪城に行っていなかった。
特に興味はなかったのですが、
大阪の見どころのひとつであるには違いないので
一度見ておこうと行って来ました。

大阪城

ところが、けっこうよかった
わたしは石垣のうつくしさと、天守閣からの眺めにカンドウ
全体的に江戸城跡よりこっちの方が好みカモ。

セット券で割引で入場券が買える大阪歴史博物館も行きました。

大阪歴史博物館

大阪城からちょっと歩くので、行かない人も多いかもしれませんが
ナカナカどうして、
この博物館が思いの外よかったです~

ナニガ?

この眺め。

大阪城一望

さっき行った大阪城、一望
このコースいいです。穴場
エスカレーターの踊り場からの光景なんですが、中の展示以上のインパクト。
圧巻。
なにしろ“本物”ですからね。

反対側の窓からは難波宮跡も一望。

難波宮

大阪を高くから一望するにはもってこいのスポット。オススメです。

このあたり、食べるところが駅前や隣接するホテル以外だと
意外に大阪城公園内の茶店ぐらいしかなさそうケド
博物館内にレストランもあります。

スポンサーサイト
別窓 | 旅*散策 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
No  109

I eat(あいーと)

いつぞやの新聞に広告が出てました。

あいーと

あいーと
語源は I eat.

見た目は普通の食事そのままに、
酵素の力で1000倍の柔らかさにしているため、
口に入れると噛まなくても舌でつぶせるほどの柔らかさ、だそうです。

食べたくても普通の食事が食べられない人のために
今までミキサーでつぶして味気なくただ“摂取”していたものを
食事の楽しみを少しでも味わわせてくれようという“あい”のある企業努力。

スゴイ技術。
技術っていうのをこういうことに発揮していただくと 潤いが



別窓 | food | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
No  105

Favorite tea

普段PCに向かって書きものをしてることが多いのですが
ずっとやってると息抜きしたくなります。

そんな時はおちゃ。
ミルクティー or シナモンティー が日に2~3杯。
ミルクココアが2杯ほど。(どちらもノンシュガー)

最近たまたま見つけたのは Jafkings というスリランカの紅茶。

jafkings

テキトーに買ったので期待もナニもしてなかったのですが
箱の封を切った時の香りでアレ?と思いました。

むかあし、シンガポールに行った時に
かの有名なラッフルズホテルのティーパックが
お土産に大変喜ばれると小耳にはさんで買いましたが
おおげさに言えばそのティーパックを開けた時を思い出しました。


これはとても安価。
なのに、紅茶の味と香りが楽しめる。
よく見ると、箱にはスリランカ政府ティーボード認証品とある。
スリランカ政府公認の「紅茶局」が お墨付きを出した、ということらしい。

濃いめに出るのでミルクティも旨いけれど
何も入れずにストレートでもおいしい。

ところによっては100均でも小箱で買えるようです。

ココア

これは缶もお気に入り。バンホーテンクラシック缶

ココアのカフェインはコーヒーの1/10
なのでコーヒーよりはからだにやさしい。
なにより、ホントはチョコレートがダイスキなのですが
チョコレートは砂糖&脂肪の固まりなので
ココアで代用してるふしがあります。


小腹がすいている時は紅茶よりココア。

それと、集中する時は言葉の入った歌は聞けませんが
流せる時はラジオってイイ。
新しい曲や情報がなにげに入って来るラジオ、というツールは
独身時代の通勤の車で覚えました。


今流しとくんならFM CO・CO・LOでしょうか。大阪の局。
関東でいえばJ-WAVEぽいかな。
ささやかだけど、日々の潤い。

別窓 | food | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
No  106

大阪アースダイバー

だいぶ前に新聞に載ってた大阪の縄文時代の地図
見つけました。

縄文大阪

こちら
に載ってました。

アースダイバーというのは
人類学者の中沢新一さんの本『アースダイバー』からだと思うのですが
<縄文時代の地形と現代の地図を重ね合わせてみる>と
中沢さんが言う「見慣れたはずの都市の相貌が一変していく」のでオモシロイ。

今も残る古墳や神社などを太古の地図に落とし込むと
海に面した半島や岬に位置していることがわかるというのです。

それをやってくれている
親切なブログ

尼崎はモチロン海の中。
考えてみればこれだけの時間でみてみれば
大地といってもなんと変化が激しいことか。

なんだかモノサシが変わってクル。
別窓 | 尼崎通信 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
| 空色野原 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。