空色野原

空の下 野原にねころんで つぶやく
No  120

早春の房総ふたたび

正月に行ったばかりなのに
ふたたび房総亀山湖に行ってきました。

お正月からすると3月18日。ほんのすこうし春の息吹が。

久留里線と桜

17日から無人駅になった上総亀山駅。
線路脇には梅と桜。

まだまだ梅の季節でしたが、ポチッとほころんだ桜です。

嵯峨和ふたたび
今回はうちの人とわたしの両親と。
また同じ部屋。

嵯峨和庭

ジツは、正月はこの庭をサルが歩くのをうちの人だけが目撃していた。
だがっ

今回はわたしも母も見た

サル様御一行(3名様)通過

「わーわーさるっさるさるうーっ

ニンゲンて、驚くと(あわてると)ただ騒ぐだけなんですね。
今回も結局写真撮れずじまい・・。 ザ・ムネン~

それはそれとして相変わらずおいしい。朝食。

嵯峨和朝食

今回さらによかったのは途中寄った久留里城

久留里城

あるから行った、くらいだったのですが
ナカナカ山城の景色を味わえて、これがよかったのです。

久留里城から

正月に閉まっていた亀山湖の上総屋京兵衛も寄れたし。
鴨汁そばうまし。¥900

上総屋京兵衛

久留里の地酒の須藤本家にも寄りました。

須藤本家

『天乃原』というお酒。甘口。今回はにごり酒を。

千葉の家から気軽に行ける、ほぼ別荘気分
そういう気のおけないちょうどいい場所がある、というのは
ありがたいことです。



別窓 | 旅*散策 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
No  119

すっ、天天!朝日通り

『すっ、天天!朝日通り』
SYMBIONユース公演
3/28(水)~4/3(火)
東京/中野 テアトル BONBON

すっ天

時は、多くの町で近代化が進められていった高度経済成長期の昭和四十年代。

東京近郊の朝日通りには、職人技を頑に守り続ける町工場や、銭湯、食堂など、
昔ながらの町並みを近所付き合いが色濃く残っている。

しかし、この小さな町にも、
大規模な工場建設に伴う立ち退きの危機が迫っていた。
そんな朝日通りで起こる様々な出来事と人間模様を見続けていたのは・・・。


隣人の顔も知らないという人が多い現代において、
忘れかけていた温かい町の風景がここに甦る。
2005年に上演され好評をはくした舞台、待望の再上演!!


またまた面白そうなお芝居のお知らせです。
チケット予約・お問い合わせ
SYMBION(シンビアン)


文字色
別窓 | art | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
No  118

パンのくるりん

先日、本を出した記念に
パンのくるりんでケーキを作ってもらいました。

出版祝ケーキ

ここはパン屋さんですが
マスターはほんとはケーキメインと言うくらいケーキ作るのが好きで
頼めば楽しそうにオリジナルケーキを作ってくれます。

リクエストを聞いてもらえる、というのが
こちらも楽しい。

出版祝ケーキ2

白いお砂糖は使わないでとお願いして
相談した結果、“ヨーグルトシフォンケーキ”に。
シンプルでいいと言ってたんですが
マスターの茶目っ気でカワイイクッキー付き。

見た目は素朴ですが、シフォンだけあって
ムッチャムチャふわふわで、食感がいい。

あと引くおいしさ。
ヨーグルトのさわやか感もあるのでしょうか
期待以上にジツにウマカッタ

マスターは特にシフォンとパイがお得意のよう。

店内で目を引くのはパイ群なんですが、パイ生地もモチロン手作り。
そのパイ生地が厚みとしっとり感と
素朴感というか清潔感(布でいえば生成りの麻?)があって独特。
無添加の安心なものを使うようにしてるらしい。
そんな混じりけなさが・・。

ガツンとボリュームもあります。
気どったおつまみみたいなパイとは違います。

マロンパイ

これはマロンですが
変わりどころでは『桜』(さくらあん)というのがあって
桜の風味がしました。さつまいもも好評のようです。

総菜パンも存在感があって実に旨そうなんですが
「それは普通。」といわはった。 おもろいお人です。

ちょうど焼き上がって
「主張しとるやろ。」というクリームパン。

クリームパン

ほんまや。「みてみて~今でけたとこ~うちらよう焼けてますで~
いうてるがな。連れて帰らなならん。

紅茶のロールケーキを茶色いお砂糖で作っていただきました。

ロールケーキ

頼んだケーキが出来ているのを
取りに行くのがまた楽しい。

マスター1

「リボン苦手なんですわ。ウマイ人いはるけど。」
といいながらオリジナルロールケーキをかわゆく包装。

包装

なんのなんの。十分です。

マスター2

いただきまーす

こういう、ここにしかない唯一無二のお店っていうのはいいですね~。
しゃれたパン屋は今どき、ものスゴく多いですが
この人にしか作れない味っていうのはナカナカお目にかかれない気がする。
なにしろ楽しげに作っているのが伝わる、おおらかな味の
他のどこにもない、尼崎立花の町のパン屋さんです。

くるりん



別窓 | 尼崎通信 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
No  117

出版!八千代の文人たち

うるう2月29日。
つれあいが本を出しました。

『八千代の文人たち』歌碑・句碑を訪ねて~ 崙書房出版
 ¥1500(税別) 四六判

文人表紙

あまり周知されていない千葉県の八千代市域の文人たちの
生い立ちや交流を様々な資料から掘り下げています。

八千代市民初めてのタウン誌『たうん八千代』(季刊/現在休刊)に
11回シリーズで連載したものに、未発表8編を加えて単行本化したものです。

文人表紙2

埋もれてしまいがちな草深い文人群像に光をあてました。

八千代市内のお墓を残らず、自分の足で歩いて見てまわった労作です。

文人中表紙

ここに出て来る『俳諧百吟逸趣』(ひゃくぎんいっしゅ)の肖像画
ナカナカ見応えあります。

文人中身

ご興味を持たれた方はこのブログのメールフォームから
お問い合わせ・入手、できます

お知らせまで


別窓 | プロフィール | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
No  116

元気フード

またまた四国のおじさんから柑橘BOX到着
うれしいなあ~

浮穴柑橘

このチャンドロポメロっていうのはデカッ
他にも変わったのがイロイロ・・

人はそれぞれにんにくやら焼き肉やら
元気になる食べ物というのがあると思いますが
わたしのばやいは生姜と柑橘系

生姜はからだをあっためて全身の巡りをよくしてくれ
邪気払いになる“ベース”という感じなんですけど

柑橘は疲れた時
体がモロ『カ・ン・キ・ツ~と欲するのを感じます。
そんな時食べると即効リカバる
なんでですかねえ。
やっぱビタミンCあたりでしょうか?

それにしてもオドロクのは・・

浮穴柑橘系

この、種類の多さ 数えたら11種類ひと箱に入ってました
柑橘っていってもイロイロあるもんやなあ~。

毎日名前を見ながら
「これどんなんかなあ~」と食べ比べが楽しい

柑橘は風邪引きにもいいですね。
こういうシーズンにもらえるのホンマ、うれしい。
感謝。感謝。です

別窓 | food | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
| 空色野原 |