空色野原

空の下 野原にねころんで つぶやく
No  163

黄金の庭

すばる文学賞受賞。『黄金の庭

黄金の庭1

つらつらと長い文章の区切りに初めはとまどうカモしれないけれど
後半そんなことも忘れて一気読みイケマス。

この話で一番魅力的だったのは“アーちゃん”の存在かもしれない。
もしかしたらそれが大テーマといったっていいくらい
私にはこの話の核に思えた。

“アーちゃん”はすべてのひとの中に住む。
なのに、見ないことにされたアーちゃんは
誰かが替わりに背負ってこの現実世界を掻き回す。

“アーちゃん”に対するOK感、
温かいまなざしとでもいうようなものが全編の底に流れ
それはこの大変な現実世界への愛情にも感じられ
この物語を魅力的な世界に築き上げた原動力のようにも思えた。

ならば“アーちゃん”はジツは希望の化身なのかもしれない。

もしもそれに気づけたら、それは現実に今ここで生きる小さくて大きなヒント。
住み難さ、生きにくさに小さな風穴を開ける
春の芽吹きの最初のひと芽ともなれるかもしれない。


いい物語とはそういったものだと思う。

かけはなれた世界のように見せかけて、ほんとは現実に直結してる。

ひとに希望をもって生きてほしいと意図してか、せざるとも

物語を語る人は、そのために憑かれたように紡ぐのだと思う。



黄金の庭2

最後に。
いろんなひとがいろんなところをピックアップしてくれるだろうから
私は何気なくて実は至極いいところを‥

珈琲のいい香りが部屋にみちる。庭からはいってくる日差しは飴色でその光をあびながらクロワッサンなど食べていると、失業中だとか不妊だとか、そういうことはどうでもいいや、というような気になってくるから不思議で、まあなるようにしかならないさ、と鷹揚な気分にもなり、けっきょくこの小さな世界で手にすることができることなんかほんのわずかで、その手にすることができることっていうのは、もしかしたら、雑草だらけの庭をながめながら珈琲を飲んで、昨日のことも明日のことも考えないこんな瞬間だけなのかもしれないな、なんてことを思っていた。

ひとってこういうことの実感と大望の、両輪がバランスいいんじゃ。
大望だけじゃ何かを置き忘れる。
肩に力を入れ過ぎてガチガチに突き進むと破綻が訪れる?カモ。

あ?もしかしてこれが“黄金の庭”か?なーんて。


希望の物語をありがとう
これからも楽しみにしています
別窓 | book | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
No  162

こびとの住む街

オモシロイ

こびとの住む街より

こびとの住む街

== 朝日新聞書評 ==

こびとの住む街 1・2  [著]スリンカチュ [訳]北川玲
[文]大西若人(本社編集委員)  [掲載]2013年02月10日
表紙画像 著者:スリンカチュ、北川玲  出版社:創元社 価格:¥ 1,995


 一寸法師に親指姫、あるいはアリエッティ。いつの時代も、小さな人々の物語が紡がれてきた。
 同時刊行された2冊の写真集の中でも、小さな人々は、けなげに都会を生きている。路上の水たまりは大海原、テニスボールの島でリゾートをしゃれこんだり、ネッシーさながらの靴ひもに王冠の舟で挑んだり。あるいは、吸い殻のベンチでほっと一息つくことも。
 いずれも鮮やかな色彩で、かわいらしい。小さな人々の目、つまり虫の目から見た世界であれば、何もかもが巨大で恐ろしくなるはずだが、これは、むしろ逆。いわば、一寸法師を見守る姫君の目線だから、愛らしいのだろう。
 撮影の舞台は、ジオラマなどの箱庭的な世界ではなく、リアルな街角だ。「1」が主にロンドン、「2」が世界の各都市となっている。光にあふれた街で、何人かのこびとたちは、自分の体ほどもあるハチと戦ったり、キャンディーに車をつぶされたり、とトラブルに巻き込まれる。そして、気だるくたたずむ姿も。
 ポップなんだけれど、ちょっぴり都会の憂愁(ゆうしゅう)も漂う。そして小さいがゆえに顔の細かい造作や表情は分からず、あの人にも、この人にも見えるという普遍性を獲得している。近年はやる、ピントを微妙に操作し、実際の都市風景を模型のように撮ってしまう写真にも通じている。
 何かと息苦しい世をけなげに生きるリトルピープルたち。写真集を開く人はその姿に、ついつい「小さくなった私自身」を見ることになる。

BOOK asahi.com


別窓 | book | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
No  161

スカイツリー界隈

スカイツリーに行ったワケじゃないんですが‥
なんだか周辺をウロウロする機会に恵まれる昨今。

スカイツリー鳥居
御神体スカイツリー(牛嶋神社鳥居から見たスカイツリー)

こちら向島、牛嶋神社

牛嶋神社

貞観年間(859-79)慈覚大師が一草庵で須佐之男命の権現である老翁に会った際に
「わがために一宇の社を建立せよ、若し国土に騒乱あらば、首に牛頭を戴き、
悪魔降伏の形相を現わし、天下安全の守護たらん」
との託宣により建立したと伝えられる。


こちらはその近くの三囲神社(みめぐりじんじゃ)

三囲神社

平安時代初期、弘法大師が祀った田中稲荷が起源。
文和年間(1352〜56)近江三井寺の僧、源慶が社を改築した折
土中から白狐にまたがる翁の像を発見。
その像の周りをどこからともなく現れた白狐が
三度回って消えたため『三囲(みめぐり)』と名がつけられた。

伊勢松坂の酒造業三井家の4男が江戸に進出。江戸本町に呉服越後屋を構える。
その際、そこから鬼門にあたる場所あり
名前に三井の字があるここに縁を感じたのか守護神とした。
(三越とは三井の越後屋から。境内にライオン像あり)

この三柱鳥居(三角鳥居)も有名。

三鳥居

ひそかに気に入ったのはこのお狐さん。
珍しく親しみのあるお顔。

お狐さん

ここからもスカイツリー。
やっぱり目に入るとおお、と思いますネ。東京新名所。

お狐さんとスカイツリー

毎度おなじみ。駅弁。
東京駅で購入した高崎鶏めし弁当は歴史を感じさせる包み。

鳥めし包み

写真では美味しさが伝えられない‥

高崎鳥めし

また食べたい、というのが長く残る名物駅弁ですねェ‥


別窓 | 旅*散策 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
No  160

年越し養老渓谷*滝見苑

元旦というのはなぜかやはり清々しい。

13年元旦空
養老渓谷賀茂神社上空

今年は千葉の養老渓谷で年越し。

粟又の滝
粟又の滝

初詣は粟又の滝のすぐそば。賀茂神社でした。

粟又賀茂神社

本殿、少し傾き、地元の人しか来ないような場所だが‥正月のお供えが‥

賀茂神社全景

ナカナカどうして素晴らしい。

滝見苑より賀茂神社
滝見苑より賀茂神社方面
(すぐ下に養老川。川を挟んで向かいに神社の杜)


泊まったのは粟又の滝のすぐ上に建屋を構える滝見苑

滝見苑より

割とフツーな、宿が何軒か集まっているところから さらに上流の緑濃い一軒宿
何より 宿のすぐそばに『粟又の滝』がある ところがいい。

古代の水

昭和51年、改築基礎工事中に1億5000年前の化石が出土
さらに堀り進めて噴出したのがこの『古代の水』。弱アルカリ泉。飲めます。

滝見山人

ここの初代富沢浩さんは通称、滝見山人
粟又の滝の入口にこんな素敵な自作の彫り物が多々。
佐倉藩主堀田家と縁浅からず、当主正久氏が来館して詠んだ句碑などもある。

山口豊専

ゼニ勘定と肩書きが大嫌いな明治生まれの異色の画家山口豊専
体験息づく原風景、原民俗の陳述画というのが廊下にずらり
飄々とユーモア漂い見応えアリ。

滝見苑おせち

おせち。美味です。

滝見苑雑煮

お雑煮。御馳走様です。


別窓 | 旅*散策 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
| 空色野原 |