空色野原

空の下 野原にねころんで つぶやく
No 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨
No  182

琵琶湖紀行1~竹生島

竹生島に行ってきました
ずっと来たかった~

竹生島フェリー

ちなみにフェリーに乗って15分、半分くらい来たところには
もうその神域はおよんでいて、スバラシイッ(ひろい
着く前からすでにそういうところ特有の心身感覚になりました。
(少しからだがふわっと輪郭が薄くなり頭でっかちな頭がなくなってぼうっと心地よい)
さすが聖域・・。

竹生島2

宝厳寺
724年、聖武天皇が夢枕に立った天照皇大神より「江州の湖中の小島は弁才天の聖地であるから、寺院を建立せよ。国家泰平、五穀豊穣、万民豊楽となるであろう」というお告げを受け、僧行基に開基させたのが始まり。行基は、大弁才天を彫刻し本堂に安置。翌年には、観音堂を建立し、千手観音像を安置した。それ以来、天皇の行幸が続き、また伝教大師、弘法大師なども来島、修業されたと伝えられている。豊臣秀吉との関係も強く、多くの書状、多くの宝物が寄贈されている。1602年には、太閤の遺命により、秀頼が豊国廟より桃山時代の代表的遺稿である観音堂や唐門などを移築させている。

日本三大弁才天の中で、最古の弁財天を祀る本堂。

竹生島弁天堂

こちら は西国三十三観音霊場の観音堂の唐門。
国宝。苔むした屋根が風格を感じさせる。

宝厳寺屋根

京都の豊国廟から移築された。

竹生島観音堂

ゴージャス 桃山時代らしさ満開。
派手派手しいというよりはむしろ圧倒的な迫力で荘厳な感じがする。

竹生島観音堂2

一番気に入ったポイントは湖に向かって建つ八大竜王拝所。
つまり、琵琶湖が御神体?
水神様を敬う形が一番分かりやすくある。
(敬って内部からの写真撮影はなし。フェリーから撮った外観。)

竹生島八大竜王拝所

拝所の横にはかわらけ投げ処が。
かわらけ投げはいろんなガイドにも載っているが
竜神様を拝んでから感謝をこめてどうぞ。

宝厳寺犬

みんなのアイドル 来る人みなに人懐っこくお福分け
お寺で飼ってらっしゃるそうです。
船着場の土産物屋さんにはそっくりのぬいぐるみを売っている店も。
(よっぽど買おうかと思った・・

八大竜王拝所にはおみくじが。

白蛇みくじ

ひとめぼれ。このお蛇さんのおなかの中におみくじが入ってます。
読んだら裏に願い事を書いてお守りにするんだそう。

ながは豆

おやつには多賀SAで買った長浜八幡宮御用達「ながは豆」。
歴史ある近江の旅に素朴な味。




スポンサーサイト
別窓 | 旅*散策 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
No  181

日句

フト
思いついて日記がわりに五七五 (ハイクではなく、日句・・・) を1日1句メモってみる。
6月1日から今のところつづいている。

写真がつくものをメモがわりにUP

花山院本堂

青もみじ 花山の君の みささぎの (花山院にて 6/8)

尼田んぼ

満々と 水たたえおり 若苗田 (尼崎にて 6/19)

村上海賊の娘

梅雨曇り 「村上海賊」 大暴れ (自宅にて 6/22)

本田

ほろ苦し 浮世の負けの 分かち合い (W杯日本代表 6/25)

天橋立知恩寺猫

何事も なきほどよき日は なかりけり (6/27)

アサイーボウル

大阪の 北玄関に 憩いおり (大阪グランフロント・アサイーボウル 6/28)

古本屋

古本屋 新世界也 50円 (ブックオフ・セール 6/29)


気がつくのは、どんなに変哲のない日にも必ずワンワードがある、ということ。

大発見

ソレを発見するためにやっている・・・



別窓 | 感動*好きなもの | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
No  179

三田(さんだ)散歩2~有馬富士、他

三田にも富士あります。
麓は県立の有馬富士公園となっているみたい。

三田富士

駅のそばの市街地からも
ちょっと行っただけでこんな風景に出会えるのが三田のいいところ。

三田田園風景

こちらは車で さらにちょいと行った羽束山の香下寺の境内の蓮池。

蓮池

羽束山の東麓を北上して またちょいと行った木器(こうづき)というところに
半鐘下山家住宅。明治8年築。屋号が「半鐘」。
中は撮影禁止だけれど、立派。入場料¥200。
お茶も飲める。(お茶を飲む人は入場料無料)

半鐘下山家

半鐘で食べるひやしあめ氷。 小盛りも選べてこれで十分。

氷ひやしあめ

半鐘から車ですぐ近く。こんなところも。
中に入って休憩できる。

岡山酒造2

人懐こいおかみさんがいる岡村酒造でした~。
岡村酒造の場所は半鐘で聞けば教えてもらえマス。

岡山酒造



別窓 | 旅*散策 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
No  178

三田(さんだ)散歩1~花山院、他

6月8日。兵庫県三田市(さんだし)をウロウロ。

花山院

花山院

651年天竺より紫雲に乗り渡来したとされる法道仙人によって開基。1008年、花山法皇(花山天皇)が、御年41才で崩御されるまで、ここで仏道修行に励まれた。花山法皇は西国三十三観音霊場のご詠歌のすべてがその御製であることでも示されるように、観音霊場巡礼信仰の礎を作られた人といえる。それゆえ後世の巡礼者からは西国三十三カ所観音霊場中興の祖、また巡礼の開祖と崇められた。境内に立派な廟所がある。

有馬富士 麓の霧は 海に似て 波かと聞けば 小野の松風 (花山法王が詠まれた歌)

ここは御本尊薬師如来ですが、上記理由により敬われ番外札所。
今もこうして観音巡り御一行様。

境内からの眺めはゴージャス。千丈寺湖
有馬富士も上から望める。

花山院眺望

三田駅の北方。来迎寺

創建時期不明。ただ、現在第十二世住職というから歴史は古い。もともとは真言宗だが荒廃。1776年曹洞宗として復興。大正14年、第十世機外元峰大和尚の発願により整備が始められたが50歳にて逝去。昭和の戦時中は尼崎の小学校の疎開先にもなったが雨漏りもする有様だった。整備は十一世にも受け継がれ檀家の気運も高まり、現在のような立派な構えに至る。

来迎寺

すこうし高みにあるので、ここも眺めよし。

来迎寺眺望

来迎寺の近く。国道176号から三輪神社前信号を入ると
三輪神社

日本最古といわれる神社のひとつ大和の国(現在の奈良)一之宮・大神神社(おおみわじんじゃ)から分祀。 御祭神の大己貴神(おおなむちのかみ)は、出雲大社の御祭神大国主大神(おおくにぬしのかみ)の幸魂(さきみたま)。 八世紀の中頃には存在しており三田市、五十四社の中でも歴史のある神社として崇拝されている。

三田三輪神社

ちょうど境内を掃除されていた神職さんによると、ここには白蛇が出るとのこと。
本殿の杉玉が印象的。

阪神大震災では参道や鳥居に被害が出たそう。
聞いた様子では断層が間近を通っているような被害状況のようだった。


お昼は駅南、三田町の蕎麦一。ここいらは少し古い建物が残る。

蕎麦一

庭が気持ちいい。

蕎麦一庭

蕎麦はボリュームたっぷりの丹波地鶏天おろしそば。¥1200。

蕎麦一そば

デザートにお猪口に入った、ちっちゃいそば茶ぷりん。¥150

蕎麦一プリン

そば湯の器が素敵。

蕎麦一そば湯


別窓 | 旅*散策 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
| 空色野原 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。