空色野原

空の下 野原にねころんで つぶやく
No 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨
No  194

近江八幡紀行*1~淡海・八幡

近江八幡に行ってきました

八幡堀

八幡というからにはまずは
やはりその名の起こりであろう日牟禮八幡宮(ひむれはちまんぐう)へ。

伝承によれば、131年、成務天皇が即位の時、武内宿禰に命じてこの地に大嶋大神を祀ったのが草創とされている。275年、応神天皇が奥津嶋神社から還幸の時、社の近辺に御座所が設けられ休憩した。その後、その仮屋跡に日輪の形を2つ見るという不思議な現象があり、祠を建て、日群之社八幡宮と名付けられたという。

近江八幡神社

さすが立派地元の人に大事にされている。

近江八幡神社拝礼

ひきずり松明。火をつけて八幡まつりに使う。
そんなお祭りがあるとは、知らなかった。

275年、応神天皇母神功皇后の生地・近江国(後の息長村、現在の米原市)を訪問する途中、大嶋大神を参詣するため琵琶湖から上陸した。その際、湖辺の葦で松明を作り、火を灯して天皇一行を八幡まで道案内したのが、祭の始めと伝えられる。

ひきずり松明

祭神は八幡様だからモチロン誉田別尊(応神天皇)息長足姫尊(神功皇后)
それと琵琶湖の守り神ということカナ?姫大神(田心姫神・湍津姫神・市杵島姫神)とのこと。

こちらは佐義長まつりのお飾りの向こうにかいま見える神宮皇后の絵。

左義長まつりのルーツは安土にあり、「信長公記」には毎年正月に安土城下にて左義長祭が盛大に繰り広げられ、信長自身も異粧華美な姿で躍り出たと記されている。 織田信長亡きあと豊臣秀次八幡山城を築き、それにつれて安土から移住した人々が引き続き近江八幡で行った。

神功皇后

八幡宮の後ろに控えるは八幡山
ロープウェイにて昇ると、こんな景色が。

近江八幡遠景

山頂には村雲御所と呼ばれる瑞龍寺がある。

京都嵯峨の村雲に豊臣秀吉の姉、智が秀吉に殺された自分の子、秀次や孫らを供養するため以前から帰依していた日蓮宗による寺院を開いた時、後陽成天皇に寺地、寺号、寺領を賜ったので門跡寺院となった。代々皇女や公家の娘を貫首に迎える。現在は男性の貫首。昭和36年に秀次ゆかりの八幡城址に移された

近江八幡風景

山頂近くの見晴らせるところに来れば、琵琶湖一望。
淡海淡海(おうみ)


スポンサーサイト
別窓 | 旅*散策 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
No  193

明石★魚の棚

叔母の写真展を見に明石へ。
ついでに魚の棚(うぉんたな)という明石の海の幸満載の商店街へ。

魚の棚

こんな豊かな商店街、そうはない。
藤永鮮魚店では小ぶりの天然明石鯛¥400購入。
こちらは翌日つれあいが焼いてほぐして鯛の香りする贅沢焼き飯に。

藤永鮮魚店

明石の街はぶらつくと面白い。
こんな店の並ぶ通りも。

デリサワ食堂

明石バーガー

明石バーガー

お昼は¥1080でイタリアンのパスタコースが食べられる
ターヴォラ・カルダ・モンステラへ。
前菜(サラダ)、ミニピザ、パスタ、デザート。

モンステラピザ

ウ、マ、イー 写真で見るより、味Good

モンステラパスタ

お土産は魚の棚の三ツ星蒲鉾の真だこ丸揚げ。¥600
明石だこを半匹~1匹使った、日本でここにしかない丸揚げ。

三ツ星蒲鉾

その夜は魚の棚三昧 (漬物も

魚の棚グルメ




別窓 | 旅*散策 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
No  192

武庫川周辺散歩

久しぶりに近辺を散歩してみると新鮮

武庫川河川敷。
鷺やら、大きい鳥がよくいる。
明るい

武庫川

六甲を眺めながら立派な武庫大橋を渡ればもう西宮。

武庫大橋

武庫川は松もスゴイ。
海に近いのを感じさせられる。

武庫川松

西宮小曽根町の住宅街の中に白山姫神社
白山のカミサマ、ククリヒメ
日本創生の神様イザナギノミコトとイザナミノミコトの仲をとりもったという大事な神様。
神と神、人と人、神と人、総てのものを括り結び賜う「和の源」の神様。
21世紀の担当?とどこかで聞きかじったことが。
さもありなんの、どこか宇宙的次元のカミサマ。

西宮白山姫神社

本殿東には大木の根元に榎明神(白龍大神)も祀られており功徳があるよう。

白龍大神

こちらは尼崎にあるイザナギ・イザナミの御子スサノオノミコトご祭神の松原神社
行った日はちょうど1年ぶりにお神輿が引き出されたところでした。

松原神社

スゴイ細工。豪勢。

松原神社神輿

西宮散歩で見つけたのは富士山の溶岩を使った窯で焼いたパン屋さん。

パンの実

美味しソウな店内の陳列棚。

パンの実店内

さすが溶岩 香ばしい

パンの実パン



別窓 | 尼崎通信 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
No  191

丹波*柏原●無鹿

達身寺から柏原(かいばら)へ。

柏原八幡神社、予想外に良い。
凝った造りの本殿裏に、三重塔があるのは珍しい眺め。

柏原八幡三重塔

三重塔の脇には厄除けと銘打った鐘楼が。

柏原八幡鐘楼

お昼はこれまた珍しい鹿肉料理のお店、無鹿(むじか)

無鹿

椅子に座ったが、座敷席もアリ。

無鹿店内

前菜がメイン級に美味しい丹波の野菜の数々。

無鹿前菜

トマト入りのスープ美味

無鹿スープ&ごはん

出ました 鹿肉が食べたことないフレッシュさ

無鹿メイン

デザートも独立した旨さ

無鹿デザート

ランチ¥1680。
この値段でこの内容、ダイマンゾク
あまりに楽しいので、いつになく全皿紹介。

木の根橋

木の根橋も必見

柏原はこじんまりした町だけれど、
歴史・文化・自然、コンパクトにみどころアリ



別窓 | food | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
No  190

丹波*達身寺

最近夢中になっていること。
日本の風景を体感すること。

達身寺
8世紀半ば行基によって開かれる。平安後期から鎌倉初期の重要文化財の仏像がずらずら並ぶ様は見事。毘沙門天が16体あったり、未完成の仏像や破片が多いことから丹波仏師の工房であったのではないかと謎が多い寺。仏像は独特で達身寺様式と呼ばれる。

達身寺

・・・・・・・。

知らなかった。わたしはたぶん、知らなかったんだろう。ほんとは。
いくら行っても行き尽くせない。
飽きることがない。感動は尽きない。
日本て、素晴らしいところ!出掛けよう!

日本がキライで、人間がキライで、世の中をうらんでいる人、落ち込んでいる人、
そうであるなら、もしかしたら、まだ、まったくと言っていいくらい
このくにの景色に目をつむったままかもしれないから。

ウソだと思ったら旅に出よう!この景色!
絶望してるひまなんてなくて。

驚こう。
生きているうちに。

この景色をほんとうには見ることなく往った人のためにも。


達身寺の前の山。

達身寺前山

達身寺は春はかたくり、水仙、夏はハス、秋には秋桜や紅葉で彩られる。

ナンバンキセル

ナンバンキセル。面白い。

ナンバンキセル看板

ちょっといくとこんな景色。

黄秋桜

少しはなれるとこんな景色。

山里の黄秋桜





別窓 | 旅*散策 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
| 空色野原 | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。