空色野原

空の下 野原にねころんで つぶやく
No  269

2016四国歩き遍路5~四万十川からドライブイン水車

5月2日。ニュー民宿中村を出て、四万十川東岸沿いをゆく。きれい。

四万十川

あの橋を渡る。

四万十川2

ここいらへんになるとだいぶ下流の四万十川。
河岸に畑を作っていたり、仕事に向かう小船が通ったり。

四万十川3

道沿いに小さな祠。

祠

立派 実崎樋門
四万十市実崎(さんざき)地区を流れる深木川四万十川との合流部に建設された「実崎樋門」は、洪水時に四万十川から深木川への逆流を防ぐための樋門(堤防の下に水路が埋設されている)で、通常はゲートが上がっていて、漁船が通り抜けている。樋門にしてはあまりに立派な建物なので、川を見ながら食事ができるレストランかと見間違える人もいる。

水門

こんなところに大文字山

大文字山

四万十市間崎(まさき)地区の盆行事で、小京都・中村に夏の終わりを告げる風物詩。旧暦7月16日、山の神を奉っている十代地山の中腹の草木を大の字形に掘り、そこに地区の各戸から集めた松明を配して焚き火を行う。応仁の乱を逃れて中村に下った一条教房の息子・房家が、父と祖父の霊を鎮めるため、また京都を懐しんで送り火を焚いたのが始まりといわれる。

大文字看板

道程の山場、伊豆山トンネルのすぐ手前に今大師というお堂が。

今大師

どうやら番外霊場らしい。
四国霊場は八十八カ所だけではない。各霊場の「奥の院」、弘法大師ゆかりの地、古くから信仰の対象となっている場所。実に88ケ所以外に150 もの霊場が紹介されていたりする。小さなほこらや、道端のお地蔵様まで入れたら、その数は計り知れない。 

今大師
玉還喜伝坊を祀るために明治5年にお堂が建てられたのが始まり。現在は弘法大師と不動尊も祀る。信者たちが坊の並々ならぬ人徳と霊力に敬服して「今大師さん」と呼び、高野山もそれを認めて許していたほどだという。徳川時代末期の文化6年(1809)長野県諏訪郡富士見町瀬波に出生。若くして出家し、本州、四国、九州と日本全国を50年近くも修業を重ねた。明治4年(1871)の四国巡礼のとき、幡多群八束村の植田常蔵宅に滞在中病いにて逝去。享年63歳。墓碑は坊の希望した現本堂のそばに建てられた。まもなく泉州堺(大阪)より「六根祈念行者大菩薩」と刻まれた石塔が送られてきた。つまり坊にはこの法名のもと本州にも多くの信者がいたことになる。この石碑は現本堂内に祭られている。平成8年には第126回忌が植田家を先達に多くの信者の協力を得て行われた。(案内石碑より)


今大師堂

伊豆山トンネル。長さ1620m。長い。
歩いて20分くらいはかかった。

伊豆山トンネル

やれやれ~。トンネルを出てたどり着いたのはドライブイン水車
月・火定休ということなので公衆トイレ併設の休憩所で昼休憩の予定にして来たが
ご覧の通りカフェが出来ていた。なんの事前情報もなかったので最近出来たのかな?

ドライブイン水車

と、いうワケで、お昼はきのうサンリバー四万十で調達したパン。(素泊まりなので朝も)
菱田ベーカリー羊羹パンがおいしい。

昼パン


別窓 | 四国遍路 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
No  268

2016四国歩き遍路4~民宿海坊主から中村

5月1日。民宿海坊主の朝。

海坊主の朝

朝食。

海坊主朝食

快晴の土佐の海。明るい

土佐の海

たまたまGWなので松原の名勝地、入野海岸砂浜美術館では
Tシャツアート展をやっていた。

壮観

Tシャツ展

考え方がいい。砂浜美術館HPより。(抜粋要約)

町には美術館がありません。美しい砂浜が美術館です。
建物をたてるのではく、砂浜そのものを美術館として・・・。
すると、今まで当たり前として何気なく見過ごしてきた一つひとつが
新鮮なものとして次々と浮かびあがり、それはまるで
大切な何かを伝えている「作品」のように思えてきたのです。

町の“ありのままの風景”そのものを美術館と考え、一つひとつ大切な「作品」として楽しむ砂浜美術館。

「美しい松原」が作品です。
沖に見える「くじら」が作品です。
卵を産みにくる「海亀」が作品です。
砂浜をはだしで走り、貝殻を探す「子どもたち」が作品です。
流れ着く「漂流物」が作品です。
波と風が砂浜にデザインする「模様」が作品です。
砂浜に残った「小鳥の足あと」が作品です。
作品は24時間・365日展示され、時の流れるままに変化します。
BGMは波の音、夜の照明は月の光・・・


白いドアもアート作品。

Tシャツ展2

全景。ナカナカ気持ちいい。

砂浜美術館

砂浜美術館を堪能して中村駅方面へ向かう。北海道

土佐風景

蛎瀬川

土佐風景5

自然な自然。

土佐風景2

芝の向こうの平屋がいい感じ。

平屋の家

これまた自然な蛎瀬川沿い。向こうの橋は土佐くろしお鉄道が走る。

土佐風景3

西大方 (にしおおがた)

駅

四万十川の支流の橋を渡ればこの日の目的地中村に到着。お疲れ様。

土佐中村の川

泊まりは物産館サンリバー四万十の真ん前、ニュー民宿中村。素泊まり¥3500。

ニュー民宿中村

夕飯はサンリバー四万十の食事処いちもん家にて
土佐たたき風鶏唐揚定食。¥880。
我ながらつねになくガッツリ系で疲労回復・・。

中村夕食

本日は15kmちょっと。
無事に歩けて有難うございました。



別窓 | 四国遍路 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
No  267

2016四国歩き遍路3~水神坂から民宿海坊主

道の駅なぶら土佐佐賀を出て国道56号をちょっと行った坂にこんな看板が。
(水)神坂の昔話。

水神坂の昔話

仲津野村大飢饉があった時、一人の山伏がやって来て物乞いをした。だがどこの家も苦しくほどこしが出来なかった。腹を立てた山伏は村が衰えるようにとホラ貝を吹くと、たちまち暗雲垂れ込み強風、稲光がして豪雨となった。この時、伊与木川右岸住人の修験者、大谷 某がこの異変に気づき、野良仕事の鋤、鍬を放り出し、急ぎ家へ取って返し、代々伝わる家宝の大ホラ貝を取り出して衰神坂めがけて吹きに吹きまくった。この大ホラ貝の吹き方が作法に則り格上であったため、悪者の山伏は吹き返された音色に金縛りになってしまい、大荒れの空はピタリと静まりかえった。悪山伏は悪行を反省し村人へ許しを願い、村人は快くこれを許したので大谷 某が縛りを解いた。山伏は心を入れ替え西国に去った。この山伏がホラ貝を吹いたこの場所は現在水神坂と呼ばれている。(要約)


土佐くろしお鉄道の土佐佐賀駅を過ぎると国道56号はトンネルに。

トンネル

トンネルを抜けるとそこは海だった

土佐鹿島

気持ちいい

土佐佐賀の海

絶景ポイントつづく・・佐賀公園(土佐西南大規模公園佐賀地区)

佐賀公園

ゴージャスな土佐の海。

佐賀公園と鹿島

展望台もアリ。

土佐佐賀展望台

小さな祠。海の神様だろうか・・。

土佐の海の小祠

神様・・。仏様・・。
道々、一歩一歩、十三仏真言を胸の内で唱えながら歩いた。

十三仏とは不動明王釈迦如来文殊菩薩普賢菩薩地蔵菩薩弥勒菩薩薬師如来観世音菩薩勢至菩薩阿弥陀如来阿しゅく如来大日如来虚空蔵菩薩お遍路では札所にお参りする時、その御本尊の真言を唱える。御本尊はだいたい十三仏のうちのひとつ。(三十七番岩本寺は珍しく五体)。十三仏以外の仏様のところも若干ある。

頭のスミにありながら黙々歩いていると時々目につく。

津波避難階段

こんな風景になってきた。

地球劇場1

まるでマグマが冷え固まったような波打つ岩盤なぞを見ていると
地球劇場』という言葉が唐突に浮かんだ。

地球劇場2

地球劇場を見ていると、なぜだか地蔵菩薩の真言を唱えたくなって
ここではずっとそうしていた。

地球劇場3

高みにやはりなにかお祀りしている・・。

地球劇場4


建物の向こうに海。

建物と海

田んぼの向こうに海。

海と田んぼ

土佐くろしお鉄道有井川駅。ここまでくればもうちょっと。

有井川駅

川を渡る。

有井川?

民家の花がきれい。

花

民宿海坊主に着いた。本日は18kmほど。
目の前が海。

民宿海坊主

夕食。おいしくいただきました。

海坊主夕食

本日も無事に歩けて有難うございました。


別窓 | 四国遍路 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
No  266

2016四国歩き遍路2~佐賀温泉から道の駅なぶら土佐佐賀

4月30日。佐賀温泉こぶしのさとのおいしい朝食をいただいて・・

差が温泉朝食

いざ、2日目。出発

国道56号を行くのだが、道沿いにはこんな名もなき文殊堂があったり・・。

文殊堂

文殊堂からの眺め。

文殊堂から

花生垣がきれいだったり・・。

花生垣

遍路道とされている旧道の方へ逸れると・・。

熊井トンネルヘ

こんな看板が。

お遍路看板

どうやらお遍路さんに人気のトンネルがあるらしい。

これがその熊井トンネル
明治38年完成。長さ90m。元県道。近代土木遺産に指定されている。レンガは佐賀港から1個1銭の運び賃で小学生などが1~2個ずつ運んだ。「トンネルというのもは入口は大きいが出口は小さいものぢゃのう」と言った人がいるとか・・。

熊井トンネル

おお

熊井トンネル4

ナカナカ

煉瓦トンネル

やっぱこっちの道に来てよかった。

熊井トンネル5

真っ暗なトンネルの先に新緑が・・。

熊井トンネル2

ウツクシイ

熊井トンネル5

トンネルの先の遍路道。

遍路道

土佐くろしお鉄道と山並み。

線路と里

道程のほぼ中間地点。道の駅なぶら土佐佐賀に到着。

道の駅なぶら土佐佐賀

ここにも鯉のぼり。

鯉のぼり

いい季節。

鯉のぼり

道の駅で食べたお昼は土佐かつを丼。¥750。
歩くとおなかが減る。この時一番食べたいメニューで超旨かった。さすが土佐
スタミナ源。御馳走様

土佐かつを丼

ダンナが頼んだのはかつをバーガーあおさ天チャンバラ貝
土地のもの、ウレシイ。

あおさ天&チャンバラ貝



別窓 | 四国遍路 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
No  265

2016四国歩き遍路1~三十七番岩本寺から

ダンナはんの若い頃、
四国遍路八十八ヶ所を、三十七番札所岩本寺まで歩いたと聞いていた。

岩本寺本堂

そうしたら2013年、日帰りバスツアーの広告を見て目が点になった。
ホンマカイナ¥1000 札所六番まで行って弁当付。

キャンペーンだかなんだか・・。
1回目お試しでもなんでも行けば、続けてその後も来る可能性大という算段?


ということでまんまとノッてしまった・・。とりあえずどんなものかまず1回。
・・1回行ったからまあ、もう1回。
・・2回行ったからもう1回・・ここまできたらじゃあもう1回・・。
と、ハトがまかれた豆をついばむように三十七番まで6回、バスツアーで行った。

岩本寺2

さて・・どうする?三十七番から三十八番までは90km

2016年4月29日。GW。
この流れで三十七番から始まった
お大師様とダンナハンとの同行三人歩き遍路の顛末です。

・・・・・・・・・・・・・

法事で帰る時は車で上陸するお四国に、電車で上陸。瀬戸大橋。車窓より。

瀬戸大橋

尼崎からトットコトットコ 電車で5時間以上の旅。
高知のJR土讃線窪川駅下車。

ここからスタート。鯉のぼりが5月の空に映える。
岩本寺

寺伝によれば天平年間(729年 - 749年)に聖武天皇の勅命を受け行基が開創した七福寺が起源であるという。弘仁年間(810年 - 824年)に空海弘法大師)が五社・五寺からなる福円満寺へと発展させ、五社寺にそれぞれ本尊を安置した。真言宗智山派の寺院。本尊は不動明王聖観世音菩薩阿弥陀如来薬師如来地蔵菩薩の五仏。前後の札所、36番青龍寺および38番金剛福寺との距離が遠く、四国八十八ヶ所巡礼の遍路は当寺で一泊することが多かった。空海(弘法大師)の七不思議伝説が伝わる。

岩本寺

矢負い地蔵
岩本寺大師堂が奥の院の矢負い地蔵堂を兼ねている。その昔、この地に信心深い猟師がいた。獲物が見つからず、これ以上の殺生は無益と思い自分の胸をその矢で射た。妻に起こされ、傍らを見ると矢の刺さったお地蔵様が倒れていた。身代わりとなった地蔵菩薩をこの寺に手厚く祀ったという伝説がある。


スタートしたとたん道沿いの満州軒にて昼食。
尼崎を始発で出ても岩本寺を出たのはもう昼前なので腹ごしらえ。

なかなかパンチのある満州ジャンメン。¥750。
ちなみにジャンハンはこのちょい辛の汁に浸かるメンがゴハンになったもの。

満州軒

1日目はスタートが遅いので軽めの10kmほど。
だが、途中国道を逸れて登り下りの昔ながらの細い遍路山道に入る。
距離はショートカットだけれども、国道と違って砂利で転ばぬよう踏んばるので
筋力の消費が激しい。下りがキツイ。
終いの方ははや、足がガクガクしてくる。

遍路山道

佐賀温泉こぶしのさと
遍路バスツアーで知り合った窪川出身の人は帰ったらよく行くそう。
地元の人にも人気。

佐賀温泉

ここは通常¥9000以上のところ、
お遍路さん歓迎でお遍路プランだと2食付¥7700で泊まれる。
洗濯機、乾燥機もあってとっても有難い

1日目が温泉でよかった。
とはいえ、足は熱をもっているのでじっくり浸すと逆効果。
幸い空いてたので露天風呂で足を出してからだを浸した。


贅沢は望まない旅なのだが、夕食、美味しかった。

佐賀温泉夕食

まさか、ほんとに歩き遍路に出ることになろうとは・・。
腰の重いわたしを¥1000のバスツアーにて連れ出して下すったのは
お大師様の思し召しでしょうか?これも御縁かもしれません・・。

というわけで13年になくなった母の供養と
南海トラフさまどうか少しでもゆるやかにお鎮まりください祈願、と
自分の体力へのちょっとした挑戦とさせていただきます。

まずは無事に1日歩けて有難うございました。


別窓 | 四国遍路 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
| 空色野原 | NEXT