空色野原

空の下 野原にねころんで つぶやく
No 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨
No  143

宮崎*伝説蛇行

九州初日は本命の高屋温泉がとれず
シーガイアのサンホテルフェニックス泊。

高千穂峰

リゾートをイメージして期待していなかったら
行ってみたらジツは

海に面したこのあたりは、古事記でイザナギノミコトが禊をして
アマテラス、ツクヨミ、スサノオを生んだという
阿波岐原(あわぎはら)だとうたっていた。

ホテルから宮崎平野を見下ろす眺望はよい。
西都原古墳群のある地勢が分かる。

客室は海側と平野側があるが、案外この平野側がよかった。
かなたに見えるとんがった山は霧島の高千穂峰だろうか?

立地堪能。

さて、翌朝一番に向かったのは西都市の黒貫寺と高屋神社
景行天皇がクマソ征伐のとき6〜7年間ここに留まられたという旧跡。
その子、日本武尊も15年後クマソ征伐に派遣された折にここへ。

朽仁王

日陽山黒貫寺山門正面の本堂かと思った建物は参拝殿で、裏へ回ると
そこに、朽ちかけた仁王像が佇む趣きある本堂が控えていた。
(お寺の方にこちらが本堂と確認。)
ここはぜひこちらの本堂へと参るべし。

*黒貫寺は明治7年の火事にて山門を残して焼失。
末寺の久峰寺(宮崎市佐土原町下田島)から大悲殿を移築して本堂としたそう。
スンゴイ仁王様は平等寺(宮崎市佐土原町西上那珂)からいらっしゃったそうな。


黒貫寺の前の道路をはさんだ東向かいの高みに高屋神社

高屋神社

案内板を読んでも分かりづらいが、現黒貫寺境内にあったという行宮
(あんぐう or かりみや/一時的な仮の宮)の東、日陽山の景勝の地に
景行天皇が天神地神皇霊を祀り戦勝祈願した場所
ということか?

もっとも、この伝承の高屋宮というのは
鹿児島県の内之浦にもあり(今回行った
帰ってから知ったが
シーガイアのそば、宮崎の村角(むらすみ)にもあった。(行ってない

はてさていったいどこやら‥どこでもないのやら‥。
(行ってないけど、村角の高屋神社はいいかもしれない‥。

ここ、西都の高屋神社は鳥居に蜘蛛の巣がはびこり、その奥はさぞやと想像され
私は寺社探訪で初めて中へ入ることを断念。
相棒さんが蜘蛛の巣払いの枝を振り回しながらひとり奥へと向かい
蚊にとっては飛んで火に入る夏の虫。
たらふくバイキング(食べ放題)されて帰って参りました。


さらに南下して本庄の剣柄稲荷古墳(けんのつかいなりこふん)
古墳の上に稲荷が祀られている。

剣塚稲荷

日本武尊がクマソタケルを討った短刀の柄を埋めたという伝説がある
他にもいろいろ埋葬者の説がある。


剣塚

どうしてここに日本武尊の言い伝えが埋まったのか、興味深い。
大変よい場所。

境内の国造神社。
柱には県内唯一社 国造神社 豊国別命 老男命とあり
その木像だろうか?

国造神社

たしかに、立派な古墳のようであります。

本庄剣塚



別窓 | 日本武尊 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<鹿児島*ボルベリア | 空色野原 | 延岡*カワカミタケルの行縢山>>

この記事のコメント

∧top | under∨
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 空色野原 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。