空色野原

空の下 野原にねころんで つぶやく
No 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨
No  144

鹿児島*ボルベリア

九州2日目。つづき。
宮崎をさらに南下して城下町飫肥へ。
途中あまりにも奇麗な杉の山並み。そういえば飫肥杉は有名。
春は来たくないケド‥。(花粉症

飫肥杉

飫肥の町は暑い盛りだった。
いやーさすがに散策には不向きな気温‥。 日陰が恋しい‥。

豫章館庭。

豫樟館

飫肥城大手門。

飫肥城大手門

ここは町をあげて『食べあるき・町あるき』MAPというのをやってて
¥1000で主な見どころ全館入館料込みで
5品食べ歩きorお土産巡りが出来る。(¥600券もあり)

暑くてバテそーだったが、季節のいい時ならこれは楽しい。

冷汁

ここギャラリーこだま、では飫肥の名物、甘めの厚焼き玉子が
この券で無料になるのでお昼はここにした。
わたしが頼んだのはこれも名物、冷汁定食。¥950くらいだったかな?

相棒さんは、かつおの炙り重。¥1200。どちらも旨々。夏にいい。

かつを炙り重

他に券を最大活かして、飫肥せんべい泰平せんべいおび天
うまくち万能しょうゆ匠蔵(焼酎)をゲットしました。

さて、飫肥の私たちなりの楽しみ方。
このあたりの言い伝え弥五郎どんのお祭りが伝わる田之上八幡神社へ。

田上八幡神社

この弥五郎どんは、地元の人々に崇敬を持って親しまれているせいか
やたらでかい姿がお祭りで再現される。
鹿児島の曽於市や都城市にも同様のものがあり
長男、次男、三男などとも表現される。
ここは三男だが一番大きく、組み立てると7メートルあるという。

参道の石段脇には御神木並みの楠が。なにやら百選に選ばれているよう。

田上八幡楠

弥五郎どんは言い伝えも色々で、武内宿弥のことだとか、隼人族の長だとか‥
私たちはその中で、熊襲タケル説で行きましタ。
説はどうあれ、そのお祭りがユニークであることは間違いないです。

今宵の宿へ向かいます。
志布志湾に出ると、夏の空が感動的にきれい。
ダグリ岬の宿の遠景シルエット。

ダグリ遠景

ボルベリアダグリ。名前の響きがいい。
『ボルベリア』とはスペイン語で
「もう一度訪れたい」「戻ってきたい」なんだとか。

ボルベリアベランダ

なーる。

ボルベリアダグリ

ナットク。

志布志湾

国民宿舎だからリーズナブル。
ナノデごはんはフツーですが
景色御馳走です。


別窓 | 旅*散策 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<ヨーグルトキュービックアイス | 空色野原 | 宮崎*伝説蛇行>>

この記事のコメント

∧top | under∨
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 空色野原 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。