空色野原

空の下 野原にねころんで つぶやく
No  153

伊吹近辺ヤマトタケル番外

最近、近江の国(滋賀県)に魅了され始めてきている。
長く関東に住んでいたので来たことがなかった。
なんと美しい‥。水の国の透明感。

琵琶湖
米原/磯崎神社付近の琵琶湖

伊吹山の日本武尊伝説に引かれて訪ねた。

日本武尊像
伊吹山をバックに日本武尊と伊吹山の神の化身の猪
米原市春照(すいじょう)〜伊吹山文化資料館近く)

伊吹山文化資料館で見つけた伊吹山山頂日本武尊像台座。

日本武尊像台座

こんなような面白い説明が。
明治45年に愛知の御嶽照王教会の人々が岐阜の石工に造ってもらったものを滋賀草野の有志が担いで伊吹山に登ろうとしたところ、五合目あたりで急に重たくなり、どうにも運べなくなりました。どこの神社かは定かではありませんが参拝して伊吹山の神に祈ったところ石像が軽くなり、再度登ったと語り継がれています。伊吹山の神にとってみれば敵対したヤマトタケルの像が山頂に建つことに抵抗があったのかもしれません。

この資料館には円空の初期の仏像というのも展示されていた。
そういわれれば面影がないこともない?
円空独特のザックリ感はなくまだちょっと緻密だから初期?

円空仏

春照(すいじょう)と、ここは変わった地名ですが
(由来も面白いので聞いてみてください)
聞き違いでなければ、円空はこのあたりで彫りだしたとか聞いたような‥。


円空じゃなくても、魅力的な仏様


居醒の清水の候補地その2
泉神社

泉神社

その湧水。環境省名水百選
水汲み場が整備され、ポリタンクで汲みに来る人々が。

位置的に醒ケ井よりも伊吹山に近いので
伝説のシチュエーションとして候補になるのはうなずける。
こういう雰囲気もうなずける。

泉神社泉


‥‥最後にあまりポピュラーではない、通な日本武尊終焉の地。
新しめの菊の御紋の拝殿の裏に、どっしりと磯崎神社本殿。

磯崎神社

小さいお社が並ぶ境内の奥には奥宮への鳥居が‥(坂道

磯崎鳥居

すぐ平らな山道に出て、しばらく行くと、こんな登り。

磯崎登り

登ったところが奥宮です。

磯崎奥宮

柵の向こうに伊吹山も遠く望めます。
この小山は城跡でもあったよう。琵琶湖ももちろん梢の向こうに‥。


さてさて日帰りとは思えない充実ぶり。
ちょうどここで日が落ちました。

琵琶湖落日

琵琶湖は日没が
ましていいことを知りました。

琵琶湖落日




別窓 | 日本武尊 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<わさおとちびの友情物語 | 空色野原 | 清らかな水*醒ヶ井>>

この記事のコメント

∧top | under∨
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 空色野原 |