空色野原

空の下 野原にねころんで つぶやく
No 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨
No  158

モンゴルに木を植えた!

遅ればせながら
あけましておめでとうございます

正月富士
<2012.1.12 帰尼する新幹線車内より正月富士 by ben-chicchan>

家族の入院等で11月末から千葉にもどっており、12日に帰尼しました。
おかげさまで回復。ブジ年越し

さて、帰ってしばらくぶりにメールチェックをしていると
グリムスから 植樹 のお知らせが


植樹

ナニナニ? 内モンゴル自治区。ササボク(梭梭)←木の名前

この木は砂漠の乾燥に強く、
根っこに漢方薬となる菌を寄生させることができます。


フムフム。

中国・内モンゴル自治区にある阿拉善(アラシャン)盟は、砂漠化が深刻で、黄砂の発生源のひとつになっています。この地も昔は木々の緑が多く見られたのですが、放牧のやり過ぎなど幾つかの要因で土地が荒れ、砂漠が広がる結果を招いています。このままの状態を放置すると、地元の住民(元々は遊牧民)は生業を失い、「環境難民」(自然環境の変動により移住を余儀なくされる人々)の大量発生が懸念されます。また、上述の黄砂の発生量も甚大になると予想されています。
<一般社団法人アースブレイクスルー


植樹証明

中国政府が「禁牧政策」(砂漠拡大防止のために、山羊などの遊牧を禁止する政策)を進めている現状では、地元の住民は別の生業を確立していくしかありません。そこで、広範囲の緑化とともに、地元住民に対しては、植林に伴う漢方薬の原料の栽培・養鶏やエミューの飼育などを軌道に乗せて、「砂漠での新しい農林畜産ライフスタイル」も普及を目指しています。

ということらしい。

いろんなものが壊されてゆくなか
育ってゆくものの話は新しい年にちいさな希望をくれます。

ブログをされている方は記事を更新することが実際の1本の木になりますよ
詳しくは→グリムス

今年もよろしくお願いします
どうぞよいお年を
別窓 | 感動*好きなもの | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<龍野散策美味など | 空色野原 | 龍野散策見どころ>>

この記事のコメント

∧top | under∨
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 空色野原 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。