空色野原

空の下 野原にねころんで つぶやく
No  164

あたらしいみかんのむきかた

スンゴイ

ミカンの皮から様々な生きものをつくる工作を紹介した本
あたらしいみかんのむきかた

ミカン1

9万部も売れた。
ネパールでも出版予定。メキシコやアメリカのTVでも紹介された。

ミカン2

十二支の動物をはじめ
トナカイ、イカ、鶴、ネッシーなど25種の作品を図入りで紹介。
目にあたる部分にはミカンのへたを用いる。
カエルやカマキリをつくるときは
緑色の極早稲(ごくわせ)ミカンを使うよう勧めるなど芸が細かい。

岡田好弘

むき方を考えたのは岡田好弘さん(47)。
札幌市の自宅で7年前の冬、食べたミカンの皮がサソリに見え
遊び心に火がついた。

幼い頃から地図を眺めるのが好きで
丸い地球儀から平面の世界地図を作るイメージで挑んだ。
ミカンの消費量はひと冬で50kgを超えた。今では70種以上つくれるという。

本業は牧師。聖書を支えに人間の無限の可能性が与えられると説くように
「捨てられてしまうはずの皮に切れ目を入れるだけで無限の可能性が広がる。」
と話している。(朝日新聞等から抜粋)



別窓 | book | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<姫路郷土史散歩 | 空色野原 | 黄金の庭>>

この記事のコメント

∧top | under∨
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 空色野原 |