空色野原

空の下 野原にねころんで つぶやく
No  201

尼崎色々

ここはどこでショウ?

みやうちクリニック内

尼崎の武庫之荘にある乳腺疾患専門クリニック。
みやうちクリニック
病院とは思えない内装。
(院長が病院臭をなくしてくつろいでもらおうとこだわったらしい)

無料検診してもらえる葉書が来てたのを思い出し行って来ました。
病院は選べるからどうせならこんなとこ。

みやうちクリニック

15年くらい前に4つぐらいしこりがあって病院に行きましたが
良性ということでいつの間にか自然消滅。
今回もおかげさまでとりあえず異常なし。

そんな日常の中、尼崎市内のウロウロを少しばかりご紹介。

尼崎にもよいお寺がアリマス。
治田寺(じでんじ)

治田寺

真言宗寺院。天平年間、当地に霊木があると聖武天皇が聞かれ、行基菩薩に寺を創るよう命ず。行基はこの場所こそ霊地であると言上しその霊木にみずから斧をふるい、当寺を建立、治田と号した。阿弥陀堂にある阿弥陀如来坐像は平安時代(藤原末期)の作で、定朝様式をよくとりいれた寄せ木造り(兵庫県重要文化財)京都・奈良との密接なつながりを物語る。鎌倉時代初め、右大臣源実朝公は不思議の霊益を蒙られ篤き信仰を寄せられて七十余町歩の田地を寄進、伽藍を造営された。二位禅尼政子の遺言により、四代将軍藤原頼経が当寺へ頼朝公・実朝公・政子三霊の遺骨を瑠璃の中へ入れ、本尊薬師如来坐像の手にすえられたという。本堂の十一面観音菩薩立像(市指定文化財)は、高さ100cmの一木造。温雅な面相から平安時代(藤原後期)の作と推定されている。

治田寺阿弥陀堂

本尊薬師如来は秘仏。阿弥陀如来坐像はゆうに1000年前の仏様で素晴らしい。
ビックリするくらいの仏様が尼崎に何気にいらっしゃる。

かと思えば、現代のこ~んな雰囲気のある蔦の家が。
ホビットが住んでそう。 JR立花駅北口徒歩2~3分。

尼蔦の家

その立花駅北口の立花商店街には
昔ながらのせんべい屋さん中田屋さんが。
包みがいい感じ。国鉄です、国鉄

中田屋

商店街も充実しているところが尼のいいところ。
阪神尼崎駅から続く中央一~五番街、
それとぶつかる三和本通り商店街などなど・・。
そのはずれ、もう阪神出屋敷駅に近いところに美味しい日本茶を売っていた。
丸又園。京都の店の出店。

丸又園

ウリは深蒸し茶みたいだけれど、そちらはほんとに日本茶好きの方向きか奥深い味。
私は初摘み茶の後味が少々感動ものに美味しかった
京都本店の店長は利き茶日本一の茶師。その証拠。

丸又園賞状

最後は西難波の洋菓子の庄谷倶楽部
梨の時期だけあるのかな?
梨好きの私としては素通り出来ませんでした・・。

ショウタニ梨ケーキ



別窓 | 尼崎通信 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<灘酒蔵めぐり | 空色野原 | 奈良散歩3~樫舎>>

この記事のコメント

∧top | under∨
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 空色野原 |