空色野原

空の下 野原にねころんで つぶやく
No 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨
No  208

鞆の浦1~絶景!

ポニョで有名になった広島県福山市の鞆の浦
朝日が昇る。

鞆の浦の朝

泊まった鞆シーサイドホテルの部屋より。
対潮楼(右石垣上)平成いろは丸を眼下に。

部屋より鞆の浦

ホテルの前が弁天島平成いろは丸カッコイイ

弁天島&いろは丸

鞆の浦といえばこの景色・・

鞆の浦

それと、この景色
日東第一形勝」とある。
朝鮮通信使が絶賛した景色。

日本第一景勝

対潮楼
仙酔島への渡船場のすぐ西側に石垣。その高台の上に『福禅寺対潮楼』。平安時代の947~957年に空也上人によって「観音堂」(天台宗)として建立されたと伝えられる。1638年に後陽成天皇の第三皇子によって真言宗大覚寺の末寺に指定。その際に寺号が「観音堂」から「福禅寺」に改められ今日に至る。

対潮楼は1694年に憲意上人によって本堂が改築された際に新しく建てられた客殿で、朝鮮通信使三役の迎賓館として使われてきた。つまりは、文人・墨客らの交流のサロンの場。1711年、従事官・李邦彦は、そこからの眺望を「日東第一形勝」と賞賛。のち1748年には、正使・洪啓禧が、客殿を「対潮楼」と命名し、書を残している

この眺望の写真は、谷村新司さんが歌う「いい日旅立ち(山口百恵さんのカバー)」のCDジャケットにも使われたそう。<以上サイト「鞆物語」より要約引用>


まさに絶景

日本一景色

ちなみに対潮楼ばかりスポットが当たりますが、
福禅寺の本堂自体が素晴らしく、必見
対潮楼とひっついていて、合せて入場¥200。

●穴場です
ホテルの展望室から見下ろすと・・ 現代版絶景

ホテル展望室

そこにて一服
珈琲は「美人珈琲」といって、無農薬玄米を炒ったもの。
カフェインレスで美容と健康によろしく、旨い
豆乳ぜんざいと。

ホテルカフェ

ちなみにこのホテルは最新の洒落たとこではないが
夕食で魚をさばく実演があり、さばき方のコツなど伝授してくれたり・・

ホテル魚

目の前でさばかれた鯛の刺身

鯛の刺身

レストランは野菜に重点を置き、れんこん酒やら手作り酒も置くバイキング。
無名のデュオが懐かしい歌を披露したり、太鼓の演奏があったり
そこここに昭和チックでお値段もなつかしい(リーズナブル)。連泊は助かる。

なにより立地でしょうか

ホテル朝食

朝食バイキング。




別窓 | 旅*散策 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<鞆の浦2~みどころ | 空色野原 | 平家落人の里>>

この記事のコメント

∧top | under∨
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 空色野原 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。