空色野原

空の下 野原にねころんで つぶやく
No 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨
No  217

四国行2~十地院

翌日は世田薬師に寄る。けっこういい。

数少ない瀬戸内海国立公園の陸地部指定を受けた世田山(335m)にある「世田薬師」は、「きうり封じ」等の病気封じ、健康祈願のお薬師さんとして全国に知られる、1280余年の歴史を持つ古刹。正式には世田山医王院栴檀寺。この栴檀寺という名前は、神亀元年(724)行基四国順錫の折、山上に薬師如来のご来迎を拝し、そのお姿を「栴檀は双葉より芳し」という栴檀の一木に刻み寺を開いたことから名付けられたと言われている。ご本尊は、身丈9尺の珍しい立像の薬師如来だが、秘仏

世田薬師

きうり封じ」とは、今から約1200年前弘法大師が薬師如来の本願によって病魔・悪鬼をきゅうりに封じ込め、病を癒し自らの生命力を増進させ無病息災を得られたことが、その始まりと伝えられている。年に一回、夏の真っ盛りの土用丑の日に、きうり(胡瓜)に身代りになって頂き病を封じ込め、三年間続けて「きうり封じ」のご祈祷を行うと、病気の『ね』が切れると言われるほどの効力を持つ、特別な秘法。きゅうりを切った時の切り口が、祗園様(素盞鳴大神)の神紋とそっくりだったから、ということらしい。

世田薬師の周辺は民話が多く伝承され、世田山上にある本堂の向拝についた左甚五郎胴を切られた水呑み竜の話は特に有名。
「昔、この龍が夜になる寺をぬけだし、孫兵衛作にある医王池まで下りて来て水を飲んだた。冬はよいとしても、夏になって田に水がいる時に、龍に水を飲み干されるので大変困り、ある時、この龍を八つに切って「かすがい」でとめてしまった。それから龍が水を飲んで困るという話は聞かなくなったという。」
世田薬師の近くにある、国道196号線沿いには、この竜を名前の由来持つ蛇越池がある。



そして十地院へ。

天武天皇の白鳳13年(685年)泰量上人(たいりょう)によって大黒山の麓に建立された。大黒山城主旦之上小三郎の祈願寺として河野家より寺領、仏像、仏画を寄進されたと伝えられる。市指定文化財の鎌倉時代初期の聖観音菩薩像、平安末期の牧谿(もっけい)作の十二天や鎌倉末期の不動明王像、室町中期の弘法大師像などの仏像、南北朝時代の涅槃図といった仏画など、寺宝多数。天保3年(1832年)現在地に移った。

十地院1

十地院はダンナさんのご先祖筋のお方、海賊大将村上義弘の一子、
村上頼房のお墓があるところ。
墓石に向かうとそのずっとむこうに海が見渡せる。

頼房墓

お墓からの眺め 向こうは海。
写真では分かりづらいが海に向かってゆるやかに下っている地形。

十地院3

お寺の後ろには山々が連なり、畑が広がる。

十地院2

右端がこじんまりと十地院 右が海、左が山。

十地院パノラマ

村上水軍の大将村上義弘の没後、信州から村上天皇の後裔北畠師清が跡目相続にやってきて義弘の根拠地、大島を急襲。頼房は応戦出来ず、わずかな家来とともに満ち潮に乗って逃げ延びたのがここ、旦之上

案内板。

村上頼房墓案内板

合掌・・。


今回寄ったのは桜井漆器
目の保養

桜井漆器

ご購入はこちら。
つるんとした漆器ばかりのなかで、少し無骨なところが味わい深い。
てのひらに収まるかわいらしいサイズ。¥800ほど。

桜井漆器うつわ



別窓 | 神社*仏閣 | コメント:2 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<四国行3~マルブン | 空色野原 | 四国行1~和霊神社>>

この記事のコメント

No.74 うんむむ!
ええっしょーi-237i-185
こういう手作り無骨感けっこ好きi-80

が、シカシ、みてくれに惚れて買ったはいいけれど、用途は模索ちゅー。

しょうゆさしとか、たれとか?
いっぺん使ったのはウィスキーを割る水を入れて食卓に。
あんまりたくさん飲まないからこれでも足りた。フツウはタリンかな~・・。i-278i-202
2015-03-12 Thu 14:06 | URL | ben-chicchan #-[ 内容変更]

No.73 漆器
えぇ器買ったね~。
おいら、つるぴか上品漆器って、あんま魅かれへんねんけど、
この器はえぇなー!って思ったわ。
ぼこぼこしとってコロっとしとって味があってかぁいいやん。

アイテムとしては、何を入れて何に使ったらえぇんやろ?
2015-03-11 Wed 12:47 | URL | リン妙 #.cb2qpfo[ 内容変更]

∧top | under∨
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 空色野原 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。