空色野原

空の下 野原にねころんで つぶやく
No  226

栗東散歩1~阿弥陀寺・キュレルなど

3月14日に行ったのは滋賀県の栗東(りっとう)
栗東IC降りてすぐの歴史民俗博物館へ。

入ってまず目に付くのは大きな狛坂磨崖仏のレプリカ。

金勝山の山中にある磨崖仏。高さ約6m、幅約4mの花崗岩の壁面に刻み込まれた如来坐像を中尊とした3尊が刻まれた周囲に9体の仏像が半肉彫りされている。像高は3m。制作年代は不明だが、奈良時代後期の作とも平安時代から鎌倉時代にかけての作ともいわれている。金勝山ハイキングコースの途中にある。白洲正子が著書「かくれ里」の中で聞きしに優る傑作と書いている。

栗東博物館石仏

その他、ナカナカ見応えのある博物館。


栗東市東坂の阿弥陀寺
近江湖南二十七名刹霊場16番札所/びわ湖百八霊場96番札所

室町時代の初期(1413年)隆堯(りゅうぎょう)が女人禁制の山であった金勝山から東坂へ出て草庵を結び、弘法の道場にしたことに始まる。「近江浄土教団の根源の地」。織田信長が金勝山に登って鷹狩をしたときに第八世明感に出会ったと伝えられる。明感の高徳を慕った信長は、安土城築城に際し、慈恩院の故地に浄厳院を建立して有無を言わさぬ強引さで明感を安土に迎えた。それまで近江における浄土教団の本寺であった阿弥陀寺は浄厳院にその座を譲ったとされる。本尊とは別に「天照仏」と呼ばれる室町時代の阿弥陀如来立像(栗東市指定文化財)があるが今は盗難防止のために博物館へ預託されている。

栗東阿弥陀寺

無住だというが、こざっぱりと管理されている感の境内。

栗東阿弥陀寺本堂

本堂の拝観は檀家の総代さんへ電話をするとご準備いただけるそう。
ガラス越しにお参りさせていただいた後、張り付いてご本尊を撮影。
ガラスに境内の松が写り込んで不思議な画面となった。

栗東阿弥陀寺本尊

境内の梅の花がちらほらと。

栗東梅


お昼は五個荘の近くのNatural Kitchen キュレル

キュレル

かつて歯科医院だった築80年以上の古民家を
店主とその家族で手を入れながら、一年かけて改装したそう。

キュレルメニュー

手造り感があってなかなかの味わい。

キュレル玄関

ランチ。健康食で、美味しい。

キュレルランチ

ケーキとお皿が絵のようだ。

キュレルケーキ

お店のそばの法蓮寺も立派。
天台宗寺院。延徳元年(1489)崇格が箕作山で開く。慶長3年(1598)現地に移転

キュレルそば寺



別窓 | 旅*散策 | コメント:2 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<栗東散歩2~太郎坊 | 空色野原 | 西宮砲台&今津灯台>>

この記事のコメント

No.76 ホンマ、滋賀はええよお~♪
あっ、リン妙さんええこといわはるi-233
ソウソウ、はたはた(笑)してへんなァ~i-239わたしもギラギラはかなわんですヮ~i-238
こののち紹介する吹屋の小っちゃな神社もゼンゼンはたはたしておらず、至極ええとこでした~。のんびりしてて。
やっぱそういうトコ好きi-260

キュレルのケーキえ~やろ~i-178
しばしほれぼれ眺めましたとサi-237i-194

最近はこういうトコがあちゃこちゃにあってうれしい限りi-175
2015-05-27 Wed 11:09 | URL | ben-chicchan #-[ 内容変更]

No.75 滋賀はえぇねぇ。
いいね~阿弥陀寺。
おいらは宗教のことはよぅ分からんけど、
このお寺さん、なんちゃらの根源の地とか云うわりには、めっちゃ落ち着いてはる。はたはたしてへん。(はたはたしてるお寺さんはギラギラしとって落ち着かん)
仏さんか守ってる何かかなんか分からんけど、気配っちゅうか空気がのんびりしてはる。好きやわ。

キュレルもえぇな~。センスえぇな~。
いつもえぇとこ食べに行くな~。
ケーキのグリーンの皿&抹茶パウダー(か?)に濃赤の飾り(南天?)のレイアウト素敵やん。
建物もえぇ感じや。
2015-05-26 Tue 17:29 | URL | リン妙 #.cb2qpfo[ 内容変更]

∧top | under∨
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 空色野原 |