空色野原

空の下 野原にねころんで つぶやく
No 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨
No  238

兵庫~神戸*名号石・一遍廟・中華街

順番は前後し、すっかり遅いUPですが4月のおでかけ。
以前行った法然上人ゆかりの元祖教会再訪。

なんと、今回は管理人の方がたまたま出て来こられ、中へ入れてくださった。
間近に名号石(みょうごうせき)を拝む。

元祖教会名号石

この石の足元の窪みの水は聖水とされていて、飲んでいいとのことで一口。
ちょっと金属的なお味。聞き違いでなければ水道水をここに注いでいるというような・・。
が、この石に触れた水ということで崇められたのはよく分かる。

元祖教会聖水

入口は分かりにくいのでこういった案内看板がある。

元祖教会案内

この日やはり再訪したのは法然上人から始まる系譜、
同じ南無阿弥陀仏の信仰者としても
また極まった感のある一遍上人御廟のある真光寺

兵庫輪田の崎島「光明福寺」に創まり時宗宗祖一遍上人が念仏勧進の全国遊行の旅の途中、この地に立ちより正応二年(1289)八月二十三日観音堂に於いてご入寂、その後兵庫の信者達によって荼毘(火葬)に付され、霊骨を五輪塔に納め、お木像を御影堂に祀った。

今回気づいたのは清盛が訪れた時にもてなしたという井戸。(写真手前)
平清盛公が当寺に弁才天を勧請した時に、僧がこの井戸の水でお茶をたてて献上した。(案内板より)

真光寺清盛井戸

相変わらずここの独特な空気感は数あるお寺の中でも特に好きな部類。

真光寺

この門の向こうに一遍上人の御廟があるが敬意を表して撮影せず。

一遍上人御廟

浄土信仰の中でも名僧はもちろん多々おられましょうが、
ある意味、私が思う南無阿弥陀仏信仰のツートップ
に想いを馳せることの出来るこの兵庫の地でした・・。


お昼は元町の中華街へ。

中華街西安門

お目当てはこの店。

民生

名物といえるイカ~
やはり美味

民生イカフライ



別窓 | nam-amita-yusu | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<兵庫~神戸*薬仙寺・三石神社・シルバの寅吉 | 空色野原 | 秩父行3~日本武神社・泰山堂>>

この記事のコメント

∧top | under∨
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 空色野原 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。