空色野原

空の下 野原にねころんで つぶやく
No 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨
No  239

兵庫~神戸*薬仙寺・三石神社・シルバの寅吉

前回の続き。これらも同じ日に歩いて廻った。

兵庫大仏(能福寺)
延暦24年(805)最澄伝教大師、開創。大師自作の薬師如来を堂に安置し、能福護国密寺と名付けた我が国最初の教化霊場。治承4年(1180)の福原京遷都に伴い平清盛公が出家。江戸時代初期より明治維新まで、京都青蓮院門跡の院家職を勤め、京都以西では西日本唯一の格式を有す。境内には、日本の新聞の父といわれるジョセフ・ヒコ(浜田彦蔵)が記した日本最初の英文碑や、日本三大佛の一つに数えられた兵庫大佛がある。

兵庫大仏

薬仙寺
天平年中(729~748)行基が開山したと伝えられる。天台宗からのちに時宗に改宗。天平18年(746)に日本で最初の施餓鬼会を行ったとされる。この寺に湧いた水が、隠岐より帰京の際の後醍醐天皇の頭痛を癒したという故事があり、寺名を賜る。境内には、平清盛後白河法皇を閉じこめたという「萱の御所跡」の碑が残されている。

薬仙寺

薬仙寺の、薬師出現古跡。(後醍醐天皇を癒した霊泉)

薬師出現井戸

三石神社
御祭神:神功皇后、天照皇大神、素盞嗚大神
三石神社の鎮座地である和田岬は、神功皇后摂政元年(200年)、三韓遠征凱旋の帰途、船がこの辺りで潮に巻き込まれて前に進まなくなって上陸され、三つの石を立てて神占いをした結果、廣田・生田・長田・住吉の神々を其の地に祀らしめた儀式の地。その時の滞在地は現在御崎八幡神社が建っている土地だと言われている。神功皇后は立派な馬を連れており、地元の人々がこの馬に秣を献上したというエピソードが残されている。602年、推古天皇がこの地で禊(みそぎ)をし、そこを祓殿塚(はらいどののつか)といい玉座にした石が三石。天平時代、行基和田泊を興した時、神功皇后の神霊が現れ、船の往来を守るといわれたので、祓殿塚の旧跡に祠を立て神号を往来神・雪気神(ゆきけのかみ)とした。文禄2年(1593年)、雪気神を三石大神と改称。三韓遠征に向かう際に産気づいた神功皇后が、月延石や鎮懐石といわれる3つの石を腰に巻いて出産を遅らせ、帰国後無事に出産を果たしたという伝説なども残されており、こういったエピソードが神社の名の由来ともなったよう。 もともと神社は、現在地より東南300メートルばかりの地にあって元三石といったが、三菱神戸造船所設立に伴う鉄道用地となるため、明治39年に現在地に移った。

三石神社

境内の三石

三石

大輪田泊の岩椋
この花崗岩の巨石は、昭和27年の新川橋西方の新川運河浚渫工事の際に、重量4tの巨石20数個と一定間隔で 打ち込まれた松杭とともに発見された一石。当時は、平清盛が築いた経が島の遺材ではないかと考えられていた。その後、この石材が発見された場所から北西約250mの芦原通1丁目で、平成15年確認調査が行われ、 古代の港湾施設と考えられる奈良時代後半から平安時代中頃の大溝と建物の一部が発見されました。このことにより石材が発見された場所は、当時海中であったと考えられ、出土した石材は、古代大輪田泊の石材であったと推定される。岩椋(いわくら)とは、石を積上げた防波堤(波消し)や突堤の基礎などの港湾施設であったと考えられる。その構造は出土状況から、港の入り口にこのような巨石を3~4段程度積上げ、松杭で補強し、堤を 構築していたものと推測される。(説明板より抜粋)

兵庫津港石

築島橋から見る海。
古代の大輪田の泊や、清盛の経が島はこのあたりだったのだろうか・・?

兵庫津


三宮までもどって、街中の森カフェ、グリーンハウスシルバヘ再訪。

カフェ入口

ビルの谷間の木立の奥に・・。

グリーンハウスシルバ

ああ、また頼んでしまった・・。オ・コニャック。

オ・コニャック

帰り道。

寅吉の林

この日はいた 看板犬、寅吉

寅吉


別窓 | 旅*散策 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<出雲神迎え神事 | 空色野原 | 兵庫~神戸*名号石・一遍廟・中華街>>

この記事のコメント

∧top | under∨
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 空色野原 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。