空色野原

空の下 野原にねころんで つぶやく
No 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨
No  244

出雲~スサノオ巡り

出雲スサノオシリーズ番外編。

あまり知られていないので番外としたけれど
自分的には今回出雲大社神迎神事の次くらい印象に刻まれる風景・・。

矢口神社
出雲国風土記には「矢口社」とあり、また延喜式には「八口社」とある。須佐之男命八岐大蛇(やまたのおろち)の八つの頭を斬ったことにより八口大明神といわれた。また、大蛇が八塩折りの酒に酔い草枕山を枕に伏せっているところを須佐之男命が矢をもって射ったので矢代郷、式内社矢口社という

矢口神社

草枕
須佐之男命の策略により、八岐大蛇八塩折の酒(やしおりのさけ)を飲んで酔っぱらい、枕にして寝たと伝わる山酒に酔ったオロチが草を枕に寝ているところを、須佐之男命に退治されたという伝説の場所と言われている。

草枕

ひいた風景がまたいい。

草枕2

草枕と尾留大明神への案内看板。

草枕3

尾留大明神跡
八塩折(やしおり)の酒に酔いつぶれた八岐大蛇を退治した須佐之男命(すさのおのみこと)は、この御立薮(おたてやぶ)で大蛇の尾を開いて宝剣を得たが、その宝剣の上に怪しき雲があったので、「天叢雲剣(あめのむらくものつるぎ)」と名づけて天照大神に献上、後、それは伊勢の斎宮倭姫から日本武尊の手渡り、さらに後世は三種の神器の一つとして現在も名古屋の熱田神宮に祭られている。この御立薮(現在は畑地)は須佐之男命と稲田姫を尾留大明神(おとめだいみょうじん)と称し広く崇拝されていたが、斐伊川の氾濫により、延亨元年(1744)約200メートル南方のここ大津の丘陵中腹に移転。明治4年に御代(みしろ)神社と改称され、更に大正元年日吉神社地に移転合祀して今の御代神社(南方500メートル)となっている。北西方向には八岐大蛇が酔っ払って枕にしたとされる「草枕山」が見える

尾留大明神跡碑

高台の尾留大明神跡から草枕方面を見下ろす。
この広がる畑地のどこかが、本来の尾留大明神があった場所ということか。

尾留大明神跡

八本杉
須佐之男命八岐大蛇を退治した後、その八つの頭を埋め、八本の杉を植えたと伝えられている。この杉は、長い年月の間、幾度も流失したが、その度に捕植され、現在は明治6年(1873年)に植えられたものが残っている

八本杉

八本杉の鳥居正面から。

八本杉2

八岐大蛇をこの地の豪の者としてみると・・
たしかにここに立てば斐伊川と赤川が合流する肥沃な地勢で
太古より人が暮らすに豊かな土地だったのではないかと想像できた。
ここで須佐之男命となんらかの衝突があってそれが伝承として残っても不思議でない。

そういった言い伝えというのはなにがしかの事実のかけらのようで
いつも至極面白いと感じる

それにしても斐伊川はよく氾濫したのだろう。神社移転も八本杉流失もそれを物語る。
斐伊川を本流から幾筋にも増えた暴れ八岐大蛇にたとえ
それを須佐之男命が治水したという説もまた大いにうなずけなくもない。


別窓 | 神社*仏閣 | コメント:2 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<安来・清水寺~紅葉館 | 空色野原 | 出雲~須佐神社・神魂神社>>

この記事のコメント

足立美術館は行ってみたいところです。i-179i-178
和鋼博物館ですか、それは知らなかった。
しかも十神山というのは名前からしてなんだか面白そう。飛行石(笑)いいですねi-239ラピュタ大好きi-185
出雲は元々興味あるし、奥出雲はいいとこだったし、清水寺も素晴らしかったので機会があったらまたそちら方面巡ってみたいです。
今回行けなかった荒神谷遺跡も行ってみたいi-80
情報色々ありがとうございましたi-197
2017-05-07 Sun 14:45 | URL | ben-chicchan #-[ 内容変更]

No.89 自動車でドライブ
 私も行ったことがあります。島根県安来市です。素敵な場所ですよね。
清水寺、足立美術館や和鋼博物館にもいきました。たたら製鉄が盛んだったらしいですね。あと和鋼博物館から見える
十神山、なんかジブリの天空の城ラピュタを思い起こすような、かわいい小山が綺麗でした。地下に続く秘密の無限回廊を降りると、巨大結晶の飛行石があったりして。夜なんかライトアップすればあらたな観光地になりそう。
2017-05-01 Mon 22:06 | URL | となりのトトロ(鳥取) #-[ 内容変更]

∧top | under∨
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 空色野原 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。