空色野原

空の下 野原にねころんで つぶやく
No  256

3.11

5年か・・
5年。

尼日の出

いろんなことでひとは他界してゆくけれど
わたしも2年半前に母を失くし、一時代が終わったような無常を感じました。

病いで失くしてもああすればよかったこうすればよかったと時に思うものですが
突然の混乱の中の別れであればなおのこと・・

それでもご家族や街を失くされたひとが
あの山だけは変わっていなかったと顔を上げられたのを見てやはり山を仰ぎます。
尽きぬ川を見つめます。

六甲と武庫川

花はもちろん、艶々とした葉の光に見入ります。

薔薇

合掌。

**最初の写真は日没のようで、実は朝日**

別窓 | つれづれ | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<エトセトラ♪ | 空色野原 | 岡山~足守>>

この記事のコメント

∧top | under∨
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 空色野原 |