空色野原

空の下 野原にねころんで つぶやく
No  26

料理本

本は好きでもめったに買わない(捨てられないので増やしたくない)
借りて読む(友人、図書館・・)ことが多いが
なかでも買うことが好きな分野がある。
料理本。
なにが楽しいって写真が旨そうで装丁もいい本がけっこうありがち。
眺めるもよし、使うもよし。

最近のおすすめ。
2010年7月1日発行(ホヤホヤ~)/毎日コミュニケーションズ
『からだを冷やさない、わたしのおやつ。』

おやつ

夏でも冷やしすぎないやさしいおやつ。
甘味はきび砂糖、てんさい糖、黒糖、はちみつ、メープルシロップ・・・
しょうがやドライフルーツ、ナッツなど多用。ちょっとした軽食もどきも。

ブラウニ
なつめとココアのしっとりブラウニー

最近はからだによくて、しかもおいしく、
見た目もウマソーなおやつ本も出るようになってハピネス

かぼちゃ
しょうがとかぼちゃの蒸しケーキ

ようかん
しょうがとかぼちゃのようかん

杏仁
杏仁豆乳ぜんざい

体温が低いのは万病の元とかいわれます。

昭和32年の日本人の平均体温は36.9度だったんですって
誰の体内でも毎日異常な遺伝子が生まれるのを
うまくしたもんでからだにはそれを修復する酵素もあって
そのおかげでガンにならずに済んでるのだケド
それがよくはたらく体温は37~8度とか。

精製した砂糖(白砂糖)はからだを冷やすから
そうでないおやつは二重丸。

みなさまもどうぞ
別窓 | book | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<ドラマ『日本人の知らない日本語』 | 空色野原 | ホームホスピス>>

この記事のコメント

∧top | under∨
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 空色野原 |