空色野原

空の下 野原にねころんで つぶやく
No  273

2016四国歩き遍路9~カフェたぬきから金剛福寺へ!

土佐清水市大谷のcosmic country cafe たぬき
ネットでは土日のみ営業とあり、この日はやっていなかった・・。味のある手造り小屋。

カフェ小屋

道沿いにあった巨石を祀る祠。

巨石祠

御神体。

巨石御神体

祠から振り返ると海。

巨石祠より

いよいよ足摺岬の案内看板が0.5kmに

足摺岬へ

金剛福寺到着~ 約90km完歩

金剛福寺門

四国の最南端、国立公園の足摺岬を見下ろす丘の中腹にあり、弘法大師はその岬突端に広がる太平洋の大海原に観世音菩薩の理想の聖地・補陀落の世界を感得した。ときの嵯峨天皇(在位809〜23)に奏上、勅願により伽藍を建立、開創したと伝えられる。弘仁13年、大師49歳のころといわれる。縁起の仔細をみると、大師は伽藍を建立したときに三面千手観音像を彫造して安置し、「金剛福寺」と名づけられた。「金剛」は、大師が唐から帰朝する際、日本に向けて投げた五鈷杵(別名金剛杵)が落ちた地とされ、また、「」は『観音経』の「福聚海無量」に由来している。歴代天皇の勅願所となっていたが、源氏一門の帰依も厚く源満仲は多宝塔を建て、その子・頼光は諸堂の修復に寄与している。戦国時代以降、海の彼方にある常世の国・補陀落浄土を信仰して、1人で小舟を漕ぎ出す「補陀落渡海」が盛んだったことや、一条氏山内藩主の支えで寺運は隆盛した。大師因縁の「足摺七不思議」といわれる遺跡が、岬の突端をめぐるように点在している。四国霊場の札所間では三十七番と三十八番が最長距離で、まさに「修行の道場」である。

池の向こうに本堂。

金剛福寺

弘法大師が唐から投げた「金剛杵」の伝説は、他のお寺にも残っており、刃が1本の「独鈷杵(どっこしょ)」は三十六番札所「青龍寺」に、刃が3本の「三鈷杵(さんこしょ)」は高野山の壇上伽藍に、それぞれたどり着いたとされている。

大師堂。
無事にお参り出来たことに感謝。

金剛福寺大師堂

着いた~ 足摺国際ホテルの部屋より。

ホテルの部屋より

足摺岬や金剛福寺方面。

部屋より

ひとまず今回のおつかれさん。

露天風呂

最終夜の夕食。

国際ホテル

珍しいうつぼのたたき。味は鶏肉に似ておいしい

うつぼたたき

我ながら90km歩けたのが未だに半信半疑・・
目的の三十八番、無事にお参り出来てほんとうに有難うございました

土佐の海、そして高知が大好きな土地のひとつとなった。
行ってみることはほんとうに大事なことだとつくづく思った・・。



別窓 | 四国遍路 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<足摺散策1~天狗の鼻・足摺岬灯台 | 空色野原 | 2016四国歩き遍路8~民宿旅路からへんろ小屋>>

この記事のコメント

∧top | under∨
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 空色野原 |