空色野原

空の下 野原にねころんで つぶやく
No  276

足摺散策3~白山洞門

足摺シリーズ最後に。
足摺最大のみどころと思った。白山洞門
万次郎足湯から。

洞門

洞門へ下る道。
洞門の上には加賀の白山比咩神社から勧請した白山神社の祠があり、
これはその鳥居。ゆえに“白山”洞門。

弘仁12年(822)弘法大師が、四国三十八番札所の金剛福寺を開基した際、加賀白山より勧請しこの地の鎮護の社として奉られ白山権現と称した。 土佐国守山内家代々の崇敬が深かった。

洞門下り道

洞門が見えてきた。

洞門の浜

おお下から。左上のあたりに白山神社の祠がある。
日本有数の大きさを誇る花崗岩の海蝕洞門。太平洋の荒波が空けた穴は高さ約16m、幅約17m、奥約15mにもなり、昭和28年に高知県の天然記念物に指定された。足摺岬周辺には海蝕洞が数多く見られるが白山洞門が最大規模である。

洞門2

かっこいい~

洞門3

迫力

洞門4

いつまでもここにいたい・・。

洞門5

やっと歩き出す。洞門の先はこんな浜。

洞門の先の浜

洞門を振り返る。この小道が崖上へとつづく。

洞門の小道

上から見る白山洞門遠景。

洞門遠景

ちょうどよく見下ろせる場所が足湯となっている。

洞門足湯

万次郎足湯。無料。

万次郎足湯

以上足摺散策でした。



別窓 | 旅*散策 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<香川~善通寺・皆行社 | 空色野原 | 足摺散策2~足摺岬の七不思議>>

この記事のコメント

∧top | under∨
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 空色野原 |