空色野原

空の下 野原にねころんで つぶやく
No 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨
No  277

香川~善通寺・皆行社

ダンナが所属する巡礼遍路研究会(高野山大学密教文化研究所内)の研究発表が
七十五番札所の善通寺であったので6/18、香川の善通寺に行ってきた。

善通寺市には陸軍が駐屯していたらしく、その名残の施設が残っている。

皆行社

皆行社
偕行社」とは明治10年(1877年)に創立された陸軍将校の親睦及び学術研究を目的とする団体の名称。この偕行社が社交場として建設した建物にもその名が用いられたため、偕行社という名の建物は代表的な師団が開設された場所、つまり全国的に存在していたが、現存するものはとても少ない。明治29年(1896年)善通寺町に開設された第十一師団は、日清戦争後の陸軍拡張期に増設された6師団のうちの一つ第十一師団の将校たちによって「旧善通寺偕行社」は明治36年(1903年)5月10日に竣工した。同年の10月13日には東宮(後の大正天皇)が香川県行啓の際の休憩所としてご利用になり、明治38年(1905年)には土屋中将が日露戦争の戦傷で療養した記録も残っている。また、大正11年(1922年)にはこの地で実施された陸軍軍事大演習参観のため、皇太子(後の昭和天皇)がご宿泊。戦後はアメリカ軍が進駐し、昭和20年(1945年)12月には米兵・豪州兵の社交場となった。その後、検察局、香川県食料事務所支所、自衛隊クラブ・ドリームランド、市役所、公民館、善通寺市立郷土館として使用。現在はカフェを併設し、有料でウエディング等に貸し出している。見学は無料。

皆行社2
photo by Mr.kumaso

綺麗に復元工事されている。

皆行社4
photo by Mr.kumaso

雰囲気がある。

皆行社3
photo by Mr.kumaso

国指定重要文化財。

皆行社5

隣に併設された洒落たカフェ、皆行社かふぇ
皆行社を望みながらランチやお茶が出来る。
陸軍バーガーはボリュームたっぷり。¥680。

陸軍バーガー

ダイシモチ麦焼きドーナツ。¥500。想像以上にモチモチ具合がおいしい。

もち麦ドーナツ

午後からの研究発表をブジ終えて、ダンナは懇親会へ。
ここからは単独行動。善通寺散策。全景。

善通寺
五岳山善通寺の創建は、『多度郡屏風浦善通寺之記』(江戸時代中期成立)によると、唐より帰朝された弘法大師空海が、御父の寄進した地に、師である恵果和尚の住した長安・青龍寺を模して建立したお寺で、弘仁4年(813)6月15日に落慶し、父の諱「善通(よしみち)」をとって「善通寺」と号したと記されている。弘法大師は、宝亀5年(774年)6月15日、御父・佐伯直田公(さえきあたいのたぎみ)と御母・玉寄御前(たまよりごぜん)の子として、善通寺の地に御誕生。幼名「真魚(まお)」。現在、善通寺の西院が建つ地は、当時は佐伯家の邸宅があった。その西院御影堂の奥殿が建つ場所は、母君のお部屋があった場所と伝わっており、弘法大師御誕生の聖地として大切にされている。

善通寺全景

本堂。立派。撮影出来なかったが、ご本尊のお薬師様がスバラシイ。

善通寺本堂

駐車場からはこちらの方が近いので、うっかり本堂と間違えそうになった大師堂

善通寺大師堂

本堂のある敷地から見る五岳山

善通寺五岳山

予想以上にいいところ。


別窓 | 旅*散策 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<香川~こんぴら温泉湯元八千代 | 空色野原 | 足摺散策3~白山洞門>>

この記事のコメント

∧top | under∨
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 空色野原 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。