空色野原

空の下 野原にねころんで つぶやく
No  280

香川~琴平/金丸座・虎屋・金陵

金刀比羅宮の参道を下ってきて
若い男の子がカメラを構えてたのが微笑ましかった。ねこ
何かを見つけたのかじっっ・・と動かない。

こんぴらねこ

参道を下って右の坂の上の方に歌舞伎で有名な旧金毘羅大芝居金丸座」。
見た目新しそうで、引き返した観光客がいたが
ここはぜひ入場料¥500、払ってでも中へ。

金丸座

天保6年(1835)に建てられた現存する日本最古の芝居小屋。「金丸座」の名称は明治33年につけられたもの。昭和45年に国の重要文化財として指定され、この時、名称が旧金毘羅大芝居となった。四国こんぴら歌舞伎大芝居とは旧金毘羅大芝居「金丸座」で行われる歌舞伎講演。昭和60年から開催され、全国から歌舞伎ファンが訪れ、四国路に春を告げる風物詩となっている。舞台装置は全て人力で江戸時代の雰囲気を今に伝える

花道。ここを歩ける。

金丸座花道

舞台。ここにものれる。

金丸座舞台

観客席。天井裏全面に鉄骨で構造補強を施す耐震改修もしたおかげで
4本あった柱もとることが出来、江戸時代本来の姿の大空間に・・。

金丸座客席

裏方さんの部屋も見れる。

裏方部屋

奈落。人力の仕掛け。今も実際に使われているのがスゴイ

金丸座奈落

参道に戻ってきた。

こんぴら参道

老舗の虎屋
こんぴらさんの石段のふもと、参道の目抜き通りに面して建つ。明治44年創業の老舗旅館でかつては皇室御用達の宿。今から約30年前、「香川でも旨いそばが食べたい」と宿泊客の声に応えて、旅館の一角でそば屋を開店。こんぴらさんでは、うどんも外せない人気メニューのため、そばとうどんの両方が味わえる店となった。

虎屋

中も見たくて入店。

虎屋内2

いいね~。

虎屋内1

お昼もうどん。朝も昼も夜もうどんでもいいや~。
虎屋の讃岐うどん。ここは元々蕎麦をやっていただけにおつゆの色が濃い。

虎屋讃岐うどん

虎屋の通りにある酒造、金陵。200年以上の老舗。
金刀比羅宮の御神酒でもあるらしい。
酒名「金陵」は、江戸時代儒学者頼山陽先生が琴平を訪ねた折にこの地が中国の古都金陵(代々帝王発祥の地南京)を思わせるものがあるとして琴平の地を金陵と呼んだのに由来する命名である。

金陵酒造

中庭には神木級の大木。
酒造りの工程を紹介した歴史館などあり、見学無料。

金陵中庭



別窓 | 旅*散策 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<UK WILDCATS CAFE | 空色野原 | 香川~金刀比羅宮>>

この記事のコメント

∧top | under∨
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 空色野原 |