空色野原

空の下 野原にねころんで つぶやく
No 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨
No  293

兵庫西宮~北山緑化植物園

鷲林寺の帰り道の途中の西宮市北山緑化植物園

園内にある北山山荘

北山山荘

紅葉の時期もよさそう。(写真は9月17日)

北山山荘ひさし

市政60周年を記念し、故木村吉太郎氏(市内雲井町在住)の寄付された土地の売却金を財源として建設された優雅な数寄屋造りの山荘。北山杉や紅葉が見事な日本庭園もあり、北側の谷間から流れる滝が風流。金・土・日は庭園を開放(10:00~16:00)。見学無料。3月~6月と9~11月は、有料で呈茶。句会・茶会などの催しに有料で貸し出している。

北山山荘全景

別棟。木村富士子夫人の名に因み「不盡庵(ふじあん)」と名づけられた茶室。

北山山荘茶室

茶室内。

北山山荘茶室内 

敷石のように綺麗に植えられた植栽。

北山山荘敷石

植物園入口の管理棟。緑をまとっていい感じ。

北山緑化植物園

植物園内。奥にピクニックな人々。

北山緑化植物園内

植物園内2。向こうの山影がまたいい。

北山緑化植物園2

小蘭亭の案内タイル。

西宮市と中華人民共和国紹興市は1985年に友好都市の締結が行われ、紹興市の歴史的建造物である「小蘭亭」と同じ物がここに建設された。「蘭亭」と彫刻された石碑は清の時代の「康煕帝」の書といわれ友好記念として寄贈されてものだそう。

小蘭亭案内

小蘭亭。雰囲気アル。

小蘭亭


鷲林寺と植物園を結ぶ道路の真ん中にある大岩。紋左衛門岩

昔、紋左衛門という人が水争いの諍いを鎮めるために天狗に扮してこの岩で仲裁したという伝説がある。(まんが日本昔ばなしでも紹介)夫婦岩ふたつ岩等とも呼ばれ、白狐が棲み付いているので撤去しようとすると祟りがあるという話、また、ここには巨大な白蛇が棲み付いているとも言われたりする。昭和13年阪神大水害で復興計画が持ち上がった時に、県道通過の妨げとなるこの夫婦岩は爆破するという事に決定。明日爆破作業という日、突然工事主任が急死。これはタタリに違いないということになり爆破作業は急遽中止。以来、誰もが祟りを恐れて夫婦岩を撤去しようとしなかった。しかし数年後、そんなものは迷信だと言って夫婦岩の撤去作業を申し出た建設会社の人間が居たが、彼も奇しくも爆破作業の前日に突然急死してしまう。また、数年前も撤去作業を計画した県担当者が二人連続で病気になって、結局は夫婦岩の周辺の整備のみで終わってしまったらしい。戦後日本に駐留していたGHQ(連合国軍最高司令部)が軍事物資の輸送用にこの道路を整備しようとしたが、その時にも怪事が起き結局この岩は撤去できなかったという話も残されている。


西宮道の岩

また、ちょっと脱線すると、六甲山や甲山は一種古代のピラミッド的要素をもっていて、この辺りに点在する磐座・巨石はある一定の法則、例えば方位を示していたり、直線状に並んでいると指摘する説もある。大昔は甲山を中心に、カタカムナ文化と呼ばれる巨石文明が存在したとする説を唱え、この夫婦岩もすぐ近くの甑岩神社の磐座を含む磐座群と共に、それらの巨石遺構の一つであるのではないかと云う人もいるらしい。

お昼はカフェ・アスコケンダ

アスコケンダ

中。

アスコケンダ内

外。

アスコケンダ外

ランチはお野菜たっぷり。

アスコケンダランチ



別窓 | shop*spot | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<大阪駅&尼崎寺町~善通寺 | 空色野原 | 兵庫西宮~鷲林寺・トラピスト修道院>>

この記事のコメント

∧top | under∨
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 空色野原 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。