空色野原

空の下 野原にねころんで つぶやく
No 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨
No  298

2015年の年越し~橘樹神社

ブログに載せはぐったまま一年が暮れようとしている2016年の正月旅行。
ちょうど同じ季節になってきたのでギリギリ掲載。

2015年の12月31日。大晦日。
千葉の芥川龍之介ゆかりの一宮館で年越しするため一宮へ向かう。
途中、通り道の茂原の橘樹神社に寄る。

橘樹神社

日本武尊が東征した際、相模から上総へ渡ろうとした時に海上で暴風に遭った。弟橘媛が海に身を投じて日本武尊の難を救ったことから、日本武尊が弟橘媛の御陵を作り、弟橘媛の櫛を納めて、橘の木を植えて祀ったのに始まると伝える。『古事記』には「七日の後、その后の櫛海辺に依りき。すなはちその櫛を取りて御陵を作り治め置きき。」とあり、これが当社のことであるという。社殿後方に弟橘媛の墓と伝えられる墳丘がある。そのため橘樹神社は“橘様(通称)”と呼ばれ地域の人々に親しまれている。『日本書紀』では日本武尊は上総より転じて陸奥国に入られた。そのとき大きな鏡を船に掲げて、海路をとって葦浦(鴨川市吉浦)を廻り玉浦(九十九里浜)を横切って蝦夷の支配地に入られた。」とあり、この時祀られたのが由来とされる。

本殿。橘らしき木が脇に植えてある。

橘樹神社本殿

本殿の後ろの杜。古墳がある。

橘樹神社杜

弟橘媛の御陵と伝わる古墳。

橘樹神社古墳

境内の吾妻池はこの墳墓を掘った跡の穴であると伝えられる。

橘樹神社池

お昼は一宮町東浪見でたまたま見つけたすずき陶苑

すずき陶苑

まず揚げ蕎麦が出てきた。

揚げ蕎麦

ゆば蕎麦。美味い

すずき陶苑ゆば蕎麦

すずき陶苑の裏にある古民家。いい感じ。

すずき陶苑裏古民家

一宮館に着いて、大晦日の夕食では鬼殻焼が出た。

一宮館鬼殻焼



別窓 | 日本武尊 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<2016の元旦~初日の出 | 空色野原 | 兵庫川西~川西市郷土館/べっぴんロケ地>>

この記事のコメント

∧top | under∨
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 空色野原 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。