空色野原

空の下 野原にねころんで つぶやく
No  44

ソウル・ガーデン

連載を始めました。

物語。実話。半々。
シチュエーションは大きく変えてますが
エピソードはけっこう実体験入ってマス。
38日間おつきあいください。

そらとり

ソウル・ガーデン
http://soul-g.jugem.jp/

 ーーーーーーーー

 ハルにある日、それは突然やってきた。
 コオがいなくなってから何年経つのか
 わからないほど月日を数えるのをやめていたが
 説明のつかない出来事がハルを厳島へと誘う。
 それ以来その以前とは違ってしまった。
 次々に起こる不思議な出来事。
 『たましいの庭』との出会い。
 コオとの『再会』。

 『たましいの庭』に咲く、うつくしい花、とは?
 『たましいの庭』に立ちながら、『ふたつくに』を生きてゆく。
 そんな経験を選びながら、ハルはそのふたつを融合させてゆく。

 誰しもの内に住む『小さき人』と出会い
 人生の終わりの人々から生を学ぶ。
 『魂のフィールド(ソウル・ガーデン)』に日常的に旅した
 空歩くものの物語。

別窓 | プロフィール | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<讃岐うどんの始まり | 空色野原 | 連載のお知らせ≪ソウル・ガーデン≫>>

この記事のコメント

∧top | under∨
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 空色野原 |