空色野原

空の下 野原にねころんで つぶやく
No  62

奈良・ぶらり散歩

雪でも降りそうな寒空の下
京都・奈良にチョウ詳しい <I>さんに連れられて
奈良散歩をしました。
<I>さんはおいしいもの、きれいなものに目がない
わたしの大好きなセンスをお持ちのおねえさま。
こちらそんな<I>さんの見応えアルblog

まずはカフェブームが来る以前の25年前から
今の“カフェ”のような店をやっていた
くるみの木』。
チョウ人気店なので朝1番に並んで名前を書きます。
お気づきでしょうか?壁にはつたがはっているので
緑の季節はまたおして知るべし。

くるみの木

建物側面。分校のような窓と煙突がいい感じ。
元々はゴルフ練習場のレストハウス。
出会った当時は関西電力の作業小屋だったそうですが、
どうやらこの建物の雰囲気を気に入って?
オーナーの石村由起子さんがここを借りたようなことが。こちらに。
小学校の頃に夢見た“お茶とお料理を出す小さな店”の
イメージにピッタリだったとか。
わかるような・・。

くるみの木白壁

雑貨のお店はあとから作ったのでしょうか。
実はこの辺りはいたってフツーの街で、バス通りに面し
ここは踏切のそばで電車も通るのですが
ほんの一角なのに世界を作っています。
もみの木を背負ったここだけ異空間。この木は昔からあったのでしょうか。
だからここを気に入ったのかしらん?と思ったり

胡桃

くるみの木探訪はこちらがおもしろいです。『ふむふむの森

10:30に名前を書いたら11:30の開店までフリー。
ヒルメシ前のひとまわり。お散歩。

不退寺。在原業平(ありわらのなりひら)建立。

不退寺

自ら聖観音像を作って本尊となしたという、その御本尊が
なんともふくよかなはなやかなよい御像でした。けっこう好み。
撮影は禁止のようで。こちらで紹介されています。
ここは今は侘助などの椿、やがてれんぎょう、などけっこう花の寺のようです。

さてさて頃合よくランチです。
飾り気のない食堂風が心地よい。
春になれば外の緑が気持ちいいでしょう。

くるみの木中

ランチプレート。

ランチ

ワッと声が出るほど大きなお皿で出て来たので
これで十分だと思っていたら
そのあとにゅうめんひと椀とボリューム満点の串揚げがやって来ました。
ビックリ男性でも満足では。
量だけではありません。ひとつひとつ丁寧に作られているのが伝わるごはんで
かぶのゼリーのような食感と甘味、
大和まな(青菜)の白和えのもっちり感、など
どうやったらこんな風に作れるのか、と、楽しめます。

最後に出て来たりんごジュースもすりおろしりんご風で美味しかった。

りんごジュース

お土産にここオリジナルのクッキーを買いました。
クッキーというのはそれなりだろうと
そんなには期待していなかったのですが裏切られました。
食べたことない味
むしろこのクッキーが一番印象に残るくらい。

クッキー

さて、満足感に浸りながらバスで県庁へ。
ココ、すごい。
誰でも上がれる屋上は・・

県庁

360度、奈良絶景写真ではお伝えできない開放感。

五重塔

こういう奈良はナカナカ味わえないですね。
東大寺、三輪山、耳成山、生駒山、などなど(つまり奈良盆地全体)を一望。

カンゲキをまといながら地べたに降りて二月堂に向かいます。

二月堂へ

初めての二月堂は堂々たるものでした。

二月堂

春日大社まで歩き(神木立派

春日大社

最後は酒蔵の春鹿さんへ。
利き酒でいただいたお酒はどれも感動のあるものでした。
超辛口や、にごりなんかはお酒好きな方はこたえられないのでは。
わたしはお土産に而妙酒『白滴』というお酒を。
ラベルにある通り。
而妙酒(じみょうしゅ)とは天真而妙(てんしんにしてみょうなり)
 ありのままでいつわりや飾りけがなく純粋で
 不思議なまでにすぐれたさまをいう<宝鏡三昧より>


白滴

春鹿は株式会社今西清兵衛商店といって
明治の頃から今西さんが社長をつとめておられます。
興福寺大乗院家の坊官をされていた福智院氏の居宅を
大正十三年に今西家が譲り受けたという書院重要文化財で、
一般公開もされていて、甘味の一服なぞも出来るよう。



別窓 | 旅*散策 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<おれたちは泥棒じゃない! | 空色野原 | インディアンと地図とりんご>>

この記事のコメント

∧top | under∨
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 空色野原 |