空色野原

空の下 野原にねころんで つぶやく
No 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨
No  77

理由なんて、愛ひとつで十分だ

『プール』
たとえばわけもなくいきることが重たいときに。
フト、息を吹き返すことができるかもしれない映画。カナ?

プール

なんの大きなドラマもありません。
そういう刺激を期待すれば心地よく裏切られます。
なのに、エンディングのうた、『タイヨウ』を耳にする頃
カイフクの涙をウッカリ落とす、カモ。

プール鍋

足りないくらいの最低限のセリフ。
ダケド
ほんとはそうじゃないでしょうか。
フツウのくらしって。

プール空

一見浮き世ばなれしているような
タイのゲストハウスの6日間ですが
見ているジブンもそこにちゃんとトリップし
ちゃんとここへ帰って来れる求心力と回復力があるのは
ホントにフシギ。

タイ・チェンマイのロケーションの力も少なからずあり?

プール犬

小林聡美の“京子さん”がなにげなく『タイヨウ』うたいます。
いいシーン。

ボーナス特典。
小林聡美作詞作曲の『君の好きな花』も劇中歌としてアリ。

京子さん。好きなことのために娘を日本に残してきた。
ダケド、娘にごめんなさいなんていいわけはいいません。
いわないケド、
まゆつりあげるでもなくジブンをしんじるいさぎよさと
娘のかなしみへのさりげないいたわりは
娘の財産になっていくだろうな。

プールギター

ひとりひとりがちょっとずつおもたいものを抱えていますが
抱えたまま、どこかかろやかに終わる。
(というかはじまる。いっしょに始まれる。)

出しゃばらないいい案配。だから、カイフクするのカナ。

プール

別窓 | cinema | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<ヘルシンキベーカリー | 空色野原 | 武内宿禰の塚 in 尼崎>>

この記事のコメント

∧top | under∨
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 空色野原 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。