空色野原

空の下 野原にねころんで つぶやく
No  97

源氏物語が生まれた寺

文化の日
にほんが世界に誇る『源氏物語』を
紫式部がここで書いたといわれる石山寺に行ってきました。

京阪浜大津で降りて
旧東海道を歩いてゆきます。
途中土地の人に「東下り?」と声かけられながら・・

キンカン餅

朝軽かったので少々小腹が・・
吸い寄せられるように寄った御饅頭処餅兵(梅村商店)
金柑餅』が思いの外美味
キンカンの味がいい具合に後に残り、
忘れられぬ味のひとつとなりました

旧東海道けっこういい。
ソウ期待していなかった義仲寺
こじんまりながらナカナカの風情。

義仲寺

しかし膳所のあたりで空腹もあるのかすでにグロッキイ。
瓦ケ浜で白旗降参 京阪電車に乗車。

瓦ケ浜

石山寺門前で14時に、やっとお昼。
志じみ茶屋 湖舟
『鳰(にお)¥1200』名物しじみ釜飯と近江のおばんざい5品。

湖舟

さて、フッカツして訪れた石山寺。
ここです。紫式部の『源氏の間』。

源氏の間

山の上の資料館のような建物(豊浄殿)でされている紫式部展で
紫式部の直筆のお経を見ました。
なんとなく息づかいというか、お人柄がかいま見えるよう。
意外に地味なコツコツ積み上げる筆跡のように感じられ、逆に親近感が。
もっと大胆奔放な筆かと勝手に想像していました。

さて、今宵のお宿は石山寺から歩いてすぐの『ぼだい樹』。
夕御飯。

ぼだい樹夕食

鴨のじぶ煮風は出るわ、甘鯛の焼いたのは出るわ、お肉は出るわ、
おなかいっぱいです。

ぼだい樹ごはん

しめのごはんがまた黒米の入ったしじみごはんで
つい完食。1kg増。

お風呂はこじんまりしてるけど清潔で、私的にはちょうどいい大きさ。
温泉のおかげか疲れもとれました。

つづく‥。

別窓 | 神社*仏閣 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<大津神仏探訪。 | 空色野原 | フライパンパン>>

この記事のコメント

∧top | under∨
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 空色野原 |